あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

運動療法脂肪肝(脂肪変性)

概要

カロリーを消費するような運動が推奨されます。短時間に汗をかくような運動よりも、ウォーキングや水泳などを30分以上かけて行うようにしましょう。

他の治療法に比べての優位性

第一選択としてひろく行われています。 また、食事療法と併用することでよい効果が期待でき、薬を使用しないため副作用の心配もありません。

実際に治療を受けた方が選択した理由

費用が掛からなくて、犬の散歩のついでに簡単に行えた。筋トレも職場の昼休みに行ったので無理なく継続できた。
体重を落とす必要があったため、運動が必要でした。営業職で自動車の移動が多かったので、完全な運動不足でした。それでとにかく歩くことを実践しました。忙しい毎日でしたので、特別に運動する時間が取れなかったため、ほかに選択肢はありませんでした。
脂肪肝の原因が内臓脂肪の蓄積であるので、まずはダイエットにて内臓脂肪を減らすことから始める

留意すべきこと

食直後の運動はさけましょう。

実際に感じた効果

毎日の努力により88キロあった体重が丁度、20キロ減少して、今は理想体重の68キロを維持できている。
継続的に自宅近くのプ-ルで運動をおこなっているが、超音波検査、の腹部エコ-検査の画像診断の結果ほとんど変化は現れていない。
運動を続けてきて習慣化してきたのでしないとかえって体調がおかしいぐらい。変化は体重が10キロ近く減ったこと、血糖値、コレステロールなどで指摘されることが無くなった

実際に感じた副作用

運動療法だったので、副作用といえるかはわかりませんが、空腹感や疲労感、精神的にきつく、長続きせず、リバウンドもあったこと
薬を飲むわけでもなかったので、副作用に至っては全くありませんでした。しかし、食生活を変えるということは、なかなか難しかったです。

費用

特定の費用はかかりません。

実際にかかった費用

単純な運動で、散歩をするということだったので、ウォーキングシューズと専用のソックスやスポーツドリンク等などで、月3000円程度であったと思う
特にウェアなどは購入せず、スポーツ用品店のセールで、初心者向けのランニングシューズを買っただけです。有名海外ブランドのものは、歩くと痛かったので、日本のメーカーのシューズにしました。セール品でしたので、約6000円で購入。そろそろ痛んできているので、新しいシューズを購入する予定です。
2015年3月:血液検査、7500円(大きな病院で初診だったため) 2014年4月:腹部エコー検査、1000円 2015年7月:腹部エコー検査、1000円

一般的な所要時間

長期の継続が必要となります。

適用される患者

すべての脂肪肝の方

更新日:2015年08月13日

参照元:(日本消化器学会http://www.jsge.or.jp/citizens/yohgo/detail?type=zouki&pk=D75(閲覧日:2015年7月29日),病気が見える1消化器医療情報科学研究所メディックメディア2010年,肝・胆・膵疾患の治療と看護國分茂博田中彰子南江堂出版2006年,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月29日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

他の治療法をさがす

運動療法以外の治療法をさがす

運動療法と他の治療法を比較してみる

体験談をさがす

運動療法の体験談

治療法ごとに体験談をさがす