あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

劇症型溶血性レンサ球菌感染症(人食いバクテリア症)

劇症型溶血性レンサ球菌感染症とは

A群溶血性レンサ球菌による感染症です。A群溶血性レンサ球菌は、主にのどや皮膚など体内に普段からいる菌で、咽頭炎や扁桃炎、中耳炎などを引きおこすウイルスです。
しかしまれに劇症化し、血液や筋肉、肺などに進入すると、四肢の壊死や多臓器不全がおこり、発病後数十時間で死に至ることも少なくないといわれています。また、妊娠中の女性が感染した場合は進行速度がはやく、発症から1日で死亡に至るケースも報告されています。

症状と原因

咽頭痛、発熱、消化管症状(食欲不振、吐き気)などから始まり、手足の腫れや激しいのどの痛み、血圧の低下などの症状が出ます。

体験談

体験談を見るにあたって

入院による全身治療が基本とされています。具体的な治療方法として、下記があげられます。
■手術
■抗生物質の投与
第一選択はペニシリン系薬の投与です。菌が繁殖して体の一部が壊死している場合は、ほかの部位へ感染の拡大を防ぐために手術を行います。救命のために手や脚そのものを切断せざるを得ない場合もあるとされています。

現在劇症型溶血性レンサ球菌感染症の体験談はありません

今まさに病気と闘っている方のために
あなたの体験談をご投稿ください。