あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

てんかん(てんかん発作症候群)のカルバマゼピン(イミノスチルベン系抗てんかん薬)の体験談

てんかん(てんかん発作症候群)の「カルバマゼピン」に関する体験談をまとめています

このページでは、てんかんのカルバマゼピン(イミノスチルベン系抗てんかん薬)を経験された方の体験談を掲載しています。
赤ちゃんのうちから薬の服用には抵抗がありましたが、痙攣発作を出来るだけ起こさない様になるならと、薬の服用に承諾しました。 (10代以下男性)」や「副作用が少なく、妊娠した際の奇形率が軽減すると診察時に医師より説明があったから。 (20代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-30件目を表示/全30件

カルバマゼピン(イミノスチルベン系抗てんかん薬)とは

脳内の神経の興奮をしずめ、てんかん発作を予防する抗てんかん薬です。鎮静作用もあるため、過剰な気分の高まりを抑えます。また顔面の三叉神経の痛みも抑えます。
部分てんかんに対する第一選択薬です。また小児・思春期てんかんに対しても推奨される薬です。

カルバマゼピン(イミノスチルベン系抗てんかん薬)の詳細はこちら

更新日:2017年04月07日

カルバマゼピン(イミノスチルベン系抗てんかん薬)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談