あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

てんかん(てんかん発作症候群)の体験談

てんかんを発症した私は当時、まだ小学校6年生で、脳が発達途上にありました。抗てんかん薬が脳の発達を阻害する可能性があったため、主治医は悩んだ結果、脳の発達をできるだけ阻害しない薬を選びました。薬を飲むだけなら私にも簡単にできましたし、他の治療法よりも安全度が高いと感じました。

患者との関係:本人患者:10代以下女性治療時期:1994年4月
バルプロ酸ナトリウムバルプロ酸ナトリウム200mg

てんかんとは

脳の神経細胞に突然激しい電気的な興奮があらわれ、てんかん発作を繰り返す脳の病気です。てんかんは約30に分類されますが、ひとりに対する発作症状はほぼ一定しており、繰り返しおこるのが特徴です。症状が似ている病気もありますが、発作がおきているときも、発作がないときもてんかん特有の脳波異常がみられるとてんかんと診断されます。

てんかんの症状

満足度

主治医が、脳の発達の事まで考慮して薬を選んでくれたというのが、とても嬉しかったからです。

副作用

治療履歴

1994年4月から、バルプロ酸ナトリウム200mg。

病気と症状について

春休みの沖縄旅行中、2度、急に意識を失って倒れました。沖縄で病院に行き、てんかんの可能性があるから自宅の近辺の病院に行くよう言われました。自宅の近辺の病院では脳波検査とCTを受け、てんかんと診断されました。てんかんを誘発する脳波が出る頻度がとても高く、かなり重症であると告げられました。

参考:てんかんにかかった他の人の症状は...?

ある日突然、兄と喋っていたら急にフッと目の前が真っ白になり、...

(続きを読む)

発熱後、顔色が青ざめていく私を両親が近所の小児科へ連れて行っ...

(続きを読む)

てんかんにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜバルプロ酸ナトリウム(分枝脂肪酸系抗てんかん薬)を選んだか

てんかんを発症した私は当時、まだ小学校6年生で、脳が発達途上にありました。抗てんかん薬が脳の発達を阻害する可能性があったため、主治医は悩んだ結果、脳の発達をできるだけ阻害しない薬を選びました。薬を飲むだけなら私にも簡単にできましたし、他の治療法よりも安全度が高いと感じました。

参考:他の人がバルプロ酸ナトリウムを選んだ理由は...?

体への負担が軽かったし、うつ病経験があった為カラダに合ってい...

(続きを読む)

40代女性の家族(この人の治療体験)

私の主治医が、同じくてんかんの男の子に処方して、これだけが唯...

(続きを読む)

他の人がバルプロ酸ナトリウムを選んだ理由をもっと読む

バルプロ酸ナトリウムとは

脳内の神経の興奮をしずめ、てんかん発作を予防する抗てんかん薬です。また、抑制性神経伝達物質「GABA」の能動を上昇させセロトニンの代謝を抑えるため、てんかんにともなう不機嫌などの性格行動障害も改善します。
成人、および小児・思春期の全般てんかんに対する第一選択薬です。強直間代てんかん、ミオクロニーてんかんに対しても推奨されます。部分てんかんに対しては第二選択薬として使用されます。

「バルプロ酸ナトリウム」の概要

バルプロ酸ナトリウム(分枝脂肪酸系抗てんかん薬)の効果について

最初は、バルプロ酸ナトリウム200mg錠を1日3回飲んでいました。私が19歳に近づいたころから少しずつ減薬し、そして断薬した状態で、約1年間の経過観察がありました。1年間の経過観察の間、1度もてんかんの発作を起こさなかったので、てんかんによる通院はそこで終了となりました。なので現在は病院に通っていません。

参考:他の人が感じたバルプロ酸ナトリウムの効果は...?

薬を飲み始めて、すぐに変化があったわけではありませんが2年ほ...

(続きを読む)

現時点で、薬を飲み始める前にみられた発作以外は発作はありませ...

(続きを読む)

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じたバルプロ酸ナトリウムの効果をもっと読む

治療期間

治療期間:8年半

治療に関する費用

分かりません

副作用について

副作用はありませんでした。

参考:他の人が感じたバルプロ酸ナトリウムの副作用は...?

量が少ないので影響なかった。...

(続きを読む)

40代女性の家族(この人の治療体験)

何も異常を感じることはありませんでした。...

(続きを読む)

他の人が感じたバルプロ酸ナトリウムの副作用をもっと読む

てんかんを患っている方へのアドバイス

てんかんの薬の中には、脳の発達を阻害する可能性のある薬も少なくありません。特に患者が子どもの場合は、医師が勧めてきた抗てんかん薬に安易に頼るのではなく、その薬が脳の発達を阻害する心配はないか、阻害する心配があるとしたらどれくらいか、どんな風に阻害する可能性があるのかなど、医師に徹底的に相談してから、どの抗てんかん薬を使うかを決めた方が良いと思います。

参考:てんかんを経験した他の人のアドバイスは...?

てんかんの薬を飲むと女性は妊娠できないだの子供に遺伝するだの...

(続きを読む)

てんかんの場合、睡眠をきちんととって疲れを溜めないようにする...

(続きを読む)

てんかんを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年09月26日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

てんかんの体験談をもっとさがす

バルプロ酸ナトリウム(分枝脂肪酸系抗てんかん薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす