あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

てんかんに関する質問

てんかん患者を目にした時の対応について質問が2点あります。18歳の息子です...

435番目の患者さん

関係:ご家族

患者情報:10代男性 治療期間: 〜3年

てんかん患者を目にした時の対応について質問が2点あります。
18歳の息子です、去年1年のうち1月、3月、10月と発作がおき、てんかんと診断されました。治療薬セレニカRを朝晩服用していまして、昨年の10月以降、発作は起こしていません。家族としては油断はいけないと心して、規則正しい生活とリラックスするような生活、毎日大爆笑する事に重点をおいています。またいつ何時発作がおこるかわからないので、大変気にはしています。
質問①は、痙攣を起こし気を失った人がいた場合、まずどのような対処をしたらよろしいでしょうか? 質問②アメリカのテレビ番組で見たのですが、日本にはブレスレット、そういったものはありませんか?番組で、てんかん患者はブレスレットをしており、医師もしくは医療知識のある人はすぐにわかるようでした。

0
みんなの回答数:1 件
投稿日:2016年09月05日 投稿ID:533

この質問は回答の受付を終了しました

回答受付中の質問はこちら

※回答へのコメントは受け付けています

みんなの回答(1件)

  • ルミ子さん

    関係:本人

    患者情報:10代女性 治療期間: 10年以上

    はじめまして。私は、3歳の頃に熱性痙攣を患い後に、癲癇であることが判明しました。
    体験談からお話させていただきます。
    ①痙攣を起こし気を失ったひとがいた場合の対処法
    まず、衣服を緩めて呼吸困難を防ぎ、周囲の危険物をどかして怪我をしないようにしてあげてください。その次に救急車を呼ぶのがいいかもしれません。(絶対に正解はありませんので、その時の自分の判断でも構いませんが、呼吸困難を防ぐのはとても大事なことです。)
    癲癇の痙攣は基本的に、30秒から1分間あります。すぐに意識が戻ることもありますが、私の場合は2分くらい痙攣を起こしていたこともあるそうなので、人それぞれだと認識して下さい。またその際に、口から泡みたいなのを吹き出してしまうかもしれません。そのとき対処する方は「怖い」と思うかもしれませんが落ち着いて下さい。
    それから、時計があれば発作が起こった時刻を確認し、てんかんの様子を観察して下さい。というのも、救急隊員の方に「何分何秒間の痙攣があった」や「泡みたいなのを吹き出していた」など細かいことを説明しておくと、救急隊員の方も対処しやすい為です。
    また注意して頂きたい点がございます。
    ◎けいれんの最中は名前を呼んだり、体を押さえたり揺さぶってはいけません。
    ◎舌をかまないようにと、けいれんの最中に口の中に指、タオル、スプーンなどを無理に突っ込んではいけません。無理に硬いものをさし込むと歯が折れたり、口の中を傷つけたりしますし、指を入れると噛まれてけがをしてしまいます。物をさし込むより、下あごを下から軽くあげ、けいれんの際に舌を噛まないようにしてあげましょう。

    以上の点を気を付けて下さい。

    ②てんかん患者はブレスレットをつけているか
    おそらくEmbraceというものでしょう。
    私は使ったことが一度もありませんので、説明などは出来ませんが、調べてみたところ非常に優れているものだと思いました。
    と言いますのも、Embarceの主機能は、物理的ストレス、覚醒、睡眠、アクティビティをモニタリングすることであるそうで、一日の流れをすべて見ることができ、どのような一日であったか把握することもできるようです。
    ご家族と共有することも出来るそうなので、持ってみるのもいいかもしれません。
    日本にも売っているとはおもいます。
    長々と失礼致しました。大変なことが多いとは思いますが、落ち着いて対処をしていけば大丈夫ですよ(*^^*)

    1
    投稿日:2016年09月09日投稿ID:463
    • 匿名さん

      関係:本人

      患者情報:30代男性 治療期間: 〜3年

      大変参考になりました。
      私も少し調べたので、メモを共有させていただきます。
      下記2つの機能があるものなんですね、
      ・様々なシーンでてんかん患者が無理をした際に振動などで、リラックスするように促してくれる
      ・あらかじめ設定した人にその状況をシェアする
      便利ですね。
      2015年に発売され、日本でも換えるんですかね
      私は買えるサイト見つられなかったのですが、
      もう少し探してみます。

      1
      投稿日:2016年10月10日
      投稿ID:366