あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

てんかん(てんかん発作症候群)

てんかんとは

脳の神経細胞に突然激しい電気的な興奮があらわれ、てんかん発作を繰り返す脳の病気です。てんかんは約30に分類されますが、ひとりに対する発作症状はほぼ一定しており、繰り返しおこるのが特徴です。症状が似ている病気もありますが、発作がおきているときも、発作がないときもてんかん特有の脳波異常がみられるとてんかんと診断されます。

症状と原因

大脳でおこる電気の放出が発生する場所により症状は異なります。
一定のリズムで手足をガクガクと曲げ伸ばしする「間代発作」、手足がつっぱり硬直する「強直発作位」、非常に短い時間意識が消失する「欠伸発作」、手足や全身が一瞬ぴくっと動く「ミオクロニー発作」、感情の変化や特殊な行動をおこす「複雑部分発作」などがあります。

体験談

体験談を見るにあたって

てんかんの一般的な治療法は、薬物療法とされています。発作の型、年齢などを考慮し抗てんかん薬を選択します。まずはじめは1種類の薬物による治療を行い、効果が不十分な場合は2種類以上の薬を用いた治療を行います。また薬物療法で効果があらわれない難治性てんかんに対しては、外科手術による治療を検討する必要があります。

更新日:2017年09月26日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす