あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

おねしょ(夜尿症、遺尿症)

おねしょとは

夜尿症とは、継続的に夜間睡眠中、知らないうちに尿をもらしてしまう病気です。症状は「おねしょ」と変わりませんが、年齢を重ねてもおねしょが治らない場合は夜尿症の可能性があります。

症状と原因

年齢にもよりますが、一般的には1週間に1回以上のおねしょが続きます。大人の夜尿症の場合は、夜間睡眠中に突然尿失禁をしてしまった時などは夜尿症を発症していることがあります。

体験談

体験談を見るにあたって

夜尿症治療法は、主に「生活指導」「行動療法」「薬物療法」の3つに分けることができます。
食事内容や飲水量、排尿習慣のコントロールなどの指導を受けて心理的負担を減らすことや、夜尿症を悪化させる冷え症状などに注意することを心がけましょう。
行動療法には、夜尿アラーム療法をはじめ、一定時間での覚醒療法、心理療法、排尿訓練、バイオフィードバック療法、針、電気刺激、低周波、超音波療法などがあります。この中でも夜尿の水分を感知するとブザーが鳴る仕組みを利用した「アラーム療法」は、薬物療法と併用するとより良い効果が期待できることもあるようです。
薬物療法は、夜尿症のタイプによって三環系抗うつ薬、抗利尿ホルモン剤、抗コリン剤など使用する薬が異なります。
基本的には初めに生活習慣の改善を行い、効果があらわれなかった場合に夜尿アラーム療法や薬物療法などを行います。

更新日:2018年11月13日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす