あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

子宮内膜症の症状と原因

症状 - どんな症状がでるか

潜伏期間と初期症状

特徴的な症状がみられない場合もありますが、強い月経痛が共通してみられます。内膜症のある箇所や大きさ、癒着の程度などにより異なります。

進行時の症状

強い月経痛、月経時以外の下腹部痛、腰痛、月経困難症過多月経、不正出血、性交痛などが多くみられ、不妊症となる場合もあります。

疫学 - かかりやすさ、かかりやすい人

かかる割合(罹患率)

妊娠が可能である女性のうち、約10%がかかるとされています。(軽症も含みます)

年齢によるリスクの上昇度合

20~30代の女性に多くみられますが、最近は10代で発症する方も増えています。

原因や遺伝の影響 - 病気になる理由

現在原因はわかっていませんが、月経時に剥がれ落ちた子宮内膜の一部が卵管を逆流してしまい、卵巣や腹部臓器に達し増殖するという説が最も有力視されています。その他では、腹膜が子宮内膜に変化しているという説もあります。
また、最近は初経年齢が早くなることで生涯の月経回数が増えてきたことや、こどもを生まないことで月経が中断されることなく繰り返される人も増えているなど、女性のライフスタイルの変化が、月経回数を増やす傾向にあることが、発症リスクを高めることに繋がっているともいわれています。

分類 - 病気の種類や段階

子宮内膜症の経過は次のとおりです。

■第1期:1~2mm程度の子宮内膜症の組織が、卵巣や腹膜など子宮以外の骨盤内の部位へ点々と散らばっているもの

■第2期:子宮や卵巣、周囲の靱帯が一緒にあるいは別々に固くくっつく、圧迫時に痛みや不快感を生じる、組織が病的に硬くなり軽度に腫大しているものなど

■第3期:第2期と同じ状態にあり、かつ卵巣が正常時と比べて2倍以上に腫れ、体積を増しているもの

■第4期:癒着が卵管や卵巣などの子宮だけではなく、膀胱(ぼうこう)や直腸など広範囲におよび、骨盤内臓器が内診でははっきりと区別できないもの(骨盤内に留まらず、肺などの遠隔臓器に発生する場合もある)

検査 - 病気の特定方法

腫瘍マーカー検査(血液検査) 診断の補助病気の有無

採血を行い、血液中の腫瘍マーカーという、がんの進行とともに増加する物質を測定することで、がんの有無の推定をおこなう検査ですが、CA-125が高値であれば内膜症がある程度進んだ状態と考えられます。
他の治療法に比べて検査が容易で、費用が安いなどのメリットがありますが、あくまでも診断のための補助的な検査として行い、他の検査と併用することで診断を行うことが多いとされます。

視診、触診 状態の確認

膣内に膣鏡とよばれる専用の器具や指を挿入し、膣内の確認や触診を行う検査です。また、直腸内に指を入れ、しこりや異常な部分がないかも調べることがあります。検査は、内診台に乗り、下着を着用しない状態で行われます。人によっては、触診を行う際に多少の不快感や痛みを感じる場合もあります。内診には下着を脱いで行うため、あらかじめスカートを履いて行くなどの対処をするとよいでしょう。

超音波検査(画像検査) 状態の確認

超音波をからだに当てることで、臓器や組織にぶつかり、はね返ってくる信号を受信することで、臓器などの様子を画像化する検査です。エコー検査とよばれることもあります。
組織の状態によって反射して戻ってくる信号が変化したものが画像に映しだされるため、腫瘍や炎症の有無などの異常を調べることができます。
場合によっては、食事の制限や排尿しないように注意されることがありますので、事前の説明を聞いておきましょう。

経膣超音波検査(画像検査) 確定診断

膣内に小さなプローブという機械を挿入し、超音波の反射によって子宮や卵巣の状態を画像化することで、臓器の状態を観察してきます。内診では手が届かない部分にも確認することができます。

CT検査(画像検査) 状態の確認

からだの内部に20分ほどエックス線の照射を行い、からだの内部を輪切りに断層撮影した画像を元に診断を行う検査です。がんとの区別を行うために実施することがあります。
必要に応じて造影剤を使用して検査を行う場合もあるため、ヨードアレルギーのある方は、あらかじめ医師に申しでるようにしましょう。
また、磁気を使用しないため、体内にペースメーカーなどの金属が入っている方も検査ができますが、エックス線を使用した検査のため、ごく微量ながらも放射線被爆をともないます。食事制限が必要な場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

MRI検査(核磁気共鳴検査、画像検査) 状態の確認

電磁波、磁力を利用してからだの断面図を約20~40分にかけて撮影し、からだの内部をさまざまな角度で輪切りにすることにより診断を行います。
臓器の位置関係の確認し、癒着の有無などを予想します。
からだへの負担が比較的少ない検査ですが、ペースメーカーなど体内に金属を埋め込んでいる方、閉所恐怖症の方などには実施できない場合がありますので、前もって確認しておきましょう。

子宮内膜症になった人の様子や痛みなどの自覚症状は?

長女出産後、月経時に塊が多く見られるようになり、痛みも酷かったため、出産した病院で相談したところ子宮内膜症とのことでした。 幸い程度として...

(続きを読む)

毎回同じ周期と期間できていた生理が、だらだらと続いたため受診しました。出血自体は生理が伸びているだけだろうとのことでしたが、検査で子宮内膜症...

(続きを読む)

生理痛がとにかく重く、夜中に脳貧血を起こして腹痛からトイレにこもり出られない。また会社に行く途中で吐くこともあり、受診。卵巣嚢腫があるものの...

(続きを読む)

予後 - 治療の経過と再発

治療後フォローと再発

子宮内膜症は再発を繰り返す病気です。腹腔鏡手術を受けたあとは、再発する前になるべく早く妊娠できるよう計画的に治療を行う必要があります。

合併症と転移

エストロゲンホルモンのバランスが崩れてしまうため、子宮筋腫が約40~50%程度の割合で発生する可能性があります。

子宮内膜症を経験した人からのアドバイス

診断された当初は自分の生活習慣に何か原因があったのかと思いショックだったが、子宮内膜症は女性なら誰でもなり得るポピュラー...

(続きを読む)

産科医によって、診断が変わること。特に高齢の産科医はベテランでいいかと思いがちですが、そうでもないということがわかりまし...

(続きを読む)

参照元:(産婦人科診療ガイドライン-婦人科外来編2014日本産科婦人科学会http://www.jso.or.jp/activity/pdf/gl_fujinka_2014.pdf(閲覧日:2017年11月17日),子宮内膜症/子宮腺筋症の診断と治療日本産婦人科学会file:///C:/Users/tanih/AppData/Local/Microsoft/Windows/INetCache/IE/5S1JSL1R/5_2Dr.Kudo.pdf(閲覧日:2017年11月17日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2017年11月17日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

治療ノートの編集方針

更新日:2017年11月21日

子宮内膜症の体験談

みんなの症状について

子宮内膜症についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。