あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

子宮内膜症のジエノゲスト(プロゲスチン、黄体ホルモン療法、内分泌療法、女性ホルモン製剤、子宮内膜症治療薬)の体験談

子宮内膜症の「ジエノゲスト」に関する体験談をまとめています

このページでは、子宮内膜症のジエノゲスト(プロゲスチン、黄体ホルモン療法、内分泌療法、女性ホルモン製剤、子宮内膜症治療薬)を経験された方の体験談を掲載しています。
開腹手術後数年たち再発し痛くなったがもう開腹手術はしたくなかったから。黄体ホルモン剤が合わないので違う薬を飲んでみたかったから。 (20代女性)」や「薬の値段が高かったのですが、下腹部の痛みがなくなり、2,3か月と時間はかかりますが確実に治ると医師の説明があったからです。 (20代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-17件目を表示/全17件

ジエノゲスト(プロゲスチン、黄体ホルモン療法、内分泌療法、女性ホルモン製剤、子宮内膜症治療薬)とは

ジエノゲストは第4世代のプロゲスチン(人工黄体ホルモン)で、比較的新しい薬です。排卵を抑制し、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌を抑え、子宮内膜の増殖を抑えます。子宮内膜に直接作用することで病巣の縮小と症状の改善を促す薬です。疼痛に対する有効性も認められています。

ジエノゲスト(プロゲスチン、黄体ホルモン療法、内分泌療法、女性ホルモン製剤、子宮内膜症治療薬)の詳細はこちら

更新日:2017年05月30日

ジエノゲスト(プロゲスチン、黄体ホルモン療法、内分泌療法、女性ホルモン製剤、子宮内膜症治療薬)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談