あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

子宮内膜症の低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(EP配合薬、LEP製剤、偽妊娠療法、内分泌療法、卵胞ホルモン・黄体ホルモン配合剤、女性ホルモン製剤)の体験談

子宮内膜症の「低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬」に関する体験談をまとめています

このページでは、子宮内膜症の低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(EP配合薬、LEP製剤、偽妊娠療法、内分泌療法、卵胞ホルモン・黄体ホルモン配合剤、女性ホルモン製剤)を経験された方の体験談を掲載しています。
私の場合は、手術するかどうかギリギリの大きさだったので、ひとまずピルを服用しました。 (20代女性)」や「私の場合は年齢的にもまだ20代で若く、これから妊娠も視野にいれると子宮全摘出する判断が出来ず、ソウハ手術で子宮の内膜を詳しくしらべ、治療としてはホルモン治療を薬でして、生理を平常におこす方法がベストだと思いました。 (20代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-30件目を表示/全35件

低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(EP配合薬、LEP製剤、偽妊娠療法、内分泌療法、卵胞ホルモン・黄体ホルモン配合剤、女性ホルモン製剤)とは

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲスチン(黄体ホルモン)の2つの女性ホルモンを配合した薬です。女性ホルモンの分泌をなだらかにする作用があり、排卵と子宮内膜の増殖を抑えることで、子宮内膜症にともなう痛みや症状を軽減します。
主に「エチニルエストラジオール・ドロスピレノン配合」「エチニルエストラジオール・ノルエチステロン配合」などを使用します。

低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(EP配合薬、LEP製剤、偽妊娠療法、内分泌療法、卵胞ホルモン・黄体ホルモン配合剤、女性ホルモン製剤)の詳細はこちら

更新日:2017年03月17日

低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(EP配合薬、LEP製剤、偽妊娠療法、内分泌療法、卵胞ホルモン・黄体ホルモン配合剤、女性ホルモン製剤)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談