あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

子宮内膜症のダナゾール(偽閉経療法、内分泌療法、女性ホルモン製剤、子宮内膜症治療薬)の体験談

子宮内膜症の「ダナゾール」に関する体験談をまとめています

このページでは、子宮内膜症のダナゾール(偽閉経療法、内分泌療法、女性ホルモン製剤、子宮内膜症治療薬)を経験された方の体験談を掲載しています。
この薬は私の場合副作用の頭痛が飲んで必ず1時間後に起こったからです。 (20代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-1件目を表示/全1件

ダナゾール(偽閉経療法、内分泌療法、女性ホルモン製剤、子宮内膜症治療薬)とは

テストステロン(男性ホルモン)誘導体で、視床下部や下垂体に作用し、性腺刺激ホルモン(Gn)の分泌を抑えます。子宮内膜や卵巣の働きを止めて閉経のような状態にすることで、病巣を縮小させます。
服用中は月経が止まることが多いですが、一般的に治療終了後2~3ヶ月で再開します。

ダナゾール(偽閉経療法、内分泌療法、女性ホルモン製剤、子宮内膜症治療薬)の詳細はこちら

更新日:2015年10月27日

ダナゾール(偽閉経療法、内分泌療法、女性ホルモン製剤、子宮内膜症治療薬)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談