あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

子宮内膜症のGnRHアゴニスト(GnRHアナログ療法、偽閉経療法、内分泌療法、女性ホルモン製剤)の体験談

子宮内膜症の「GnRHアゴニスト」に関する体験談をまとめています

このページでは、子宮内膜症のGnRHアゴニスト(GnRHアナログ療法、偽閉経療法、内分泌療法、女性ホルモン製剤)を経験された方の体験談を掲載しています。
治療薬は2種類あるといわれ、他の一つは副作用といて太るといわれたので、太らないスプレキュア点鼻薬にしました。 (30代女性)」や「費用は驚くほど高かったです。しかし、ピルを服用するにしても当時は仕事を休めるような状況ではなく、服用すること自体忘れてしまう程でしたので、4Wに1度の注射で多少でも改善するならと続けていました。毎回、注射をするたびにナースが「今回はどっちに打つ?(腹部左右どちらか)」と言った会話で気持ちも和らぎました。腹部に注射なんて人生初でしたので、毎回ドキドキしておりました。 (30代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-10件目を表示/全10件

GnRHアゴニスト(GnRHアナログ療法、偽閉経療法、内分泌療法、女性ホルモン製剤)とは

性腺刺激ホルモン(Gn)の分泌を抑制することでエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌を抑えます。排卵がなくなり月経もなくなることで、月経痛や貧血が改善し、子宮内膜の病巣も縮小させます。
4週ごとの皮下注射タイプと毎日行う点鼻薬タイプがあり、主に「酢酸ナファレリン」「リュープロレリン酢酸」「ゴセレリン酢酸塩」「ブセレキュア酢酸塩」などを使用します。

GnRHアゴニスト(GnRHアナログ療法、偽閉経療法、内分泌療法、女性ホルモン製剤)の詳細はこちら

更新日:2016年03月08日

GnRHアゴニスト(GnRHアナログ療法、偽閉経療法、内分泌療法、女性ホルモン製剤)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談