あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

子宮内膜症の鎮痛薬(NSAIDs、非ステロイド性抗炎症薬)の体験談

子宮内膜症の「鎮痛薬」に関する体験談をまとめています

このページでは、子宮内膜症の鎮痛薬(NSAIDs、非ステロイド性抗炎症薬)を経験された方の体験談を掲載しています。
手術、いくつかのホルモン治療を繰り返してきましたが副作用により断念。現在40代という事もあり進行していないかを観察しながら閉経まで痛みを止める方法を選びました (40代女性)」や「年齢的にも手術をせず薬だけで逃げ切る選択肢があると医師に言われ、薬物療法のみで治療を行っています。 ピルの内服や偽閉経療法についても説明を受けましたが、副作用が心配だったため、それらの治療薬は使用していません。 (40代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-19件目を表示/全19件

鎮痛薬(NSAIDs、非ステロイド性抗炎症薬)とは

子宮内膜症にともなう生理痛・腰痛・排便痛・性交痛などには、まず鎮痛薬による対症療法を行います。
子宮内膜症の痛みの原因となるプロスタグランジンの分泌を抑える薬が処方されます。
主に「メフェナム酸」「イブプロフェン」「インドメタシン」「ジクロフェナクナトリウム」などを使用します。
痛みが強くなる前から服用すると効果が高いとされます。

鎮痛薬(NSAIDs、非ステロイド性抗炎症薬)の詳細はこちら

更新日:2017年11月21日

鎮痛薬(NSAIDs、非ステロイド性抗炎症薬)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談