あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

子宮内膜症の開腹手術の体験談

子宮内膜症の「開腹手術」に関する体験談をまとめています

このページでは、子宮内膜症の開腹手術を経験された方の体験談を掲載しています。
手術の説明時に聞いていましたが、実際腹腔鏡下での手術が試みられましたが、癒着が強かった為、開腹手術に切り替えられたため、腹部の傷をみて衝撃があった。 (20代女性)」や「MRI検査の画像を見て、医師の言うとおりだと納得してしまいました。変な形に変形した自分の子宮は、もう投薬治療ではどうにもならないのだと思いました。母子家庭で、当時高校生・中学生だった子供たちのためにも、早く苦痛から解放されたかった。 (30代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-10件目を表示/全10件

開腹手術とは

全身麻酔をし、下腹部を約10~15cm程度切開して行います。
病巣が大きい場合や、卵巣や子宮の全摘出(根治手術)が必要と診断された場合は開腹手術が選択されます。
不妊症をともなう重い子宮腺筋症の場合は病巣部のみを摘出(腺筋症核出術)します。
卵巣チョコレートのう胞(卵巣に発生した子宮内膜症)で40歳以上の方は、卵巣がんのリスクを回避するため原則として卵巣摘出が薦められることもあります。また、のう胞が極端に大きい場合や癒着が強くて腹腔鏡手術ができない場合は開腹手術の適応となります。

開腹手術の詳細はこちら

更新日:2016年11月21日

開腹手術以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談