あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

子宮内膜症の腹腔鏡下手術(内視鏡手術)の体験談

子宮内膜症の「腹腔鏡下手術」に関する体験談をまとめています

このページでは、子宮内膜症の腹腔鏡下手術(内視鏡手術)を経験された方の体験談を掲載しています。
このまま放置しておくと生理がくるたびに腫れが大きくなり、破裂する可能性があると言われたことと、保険適用となる手術で費用負担が可能だったため。 (20代女性)」や「毎月のひどい生理痛の原因が分かったこと、大きさがチョコレート嚢胞が9cmにもなっていたこと。 (30代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-23件目を表示/全23件

腹腔鏡下手術(内視鏡手術)とは

全身麻酔を行い、腹部に5mm~12mmの穴を数ヶ所(基本はおへその上か下に1ヶ所、恥骨のあたりに左右1ヶ所ずつの計3か所)開けます。そこから腹腔鏡と手術器具を挿入し、モニター画面でお腹の中を見ながら治療を行う手術です。
「病巣切除術」と「病巣焼灼術」などがあります。
卵巣チョコレートのう胞(卵巣に発生した子宮内膜症)の場合は、のう胞だけを摘出し、正常な卵巣部分は残します。ただし40歳以上の方は、卵巣がんのリスクを回避するため卵巣摘出を薦められることがあります。

腹腔鏡下手術(内視鏡手術)の詳細はこちら

更新日:2017年04月17日

腹腔鏡下手術(内視鏡手術)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談