あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

子宮内膜症の体験談

費用は驚くほど高かったです。しかし、ピルを服用するにしても当時は仕事を休めるような状況ではなく、服用すること自体忘れてしまう程でしたので、4Wに1度の注射で多少でも改善するならと続けていました。毎回、注射をするたびにナースが「今回はどっちに打つ?(腹部左右どちらか)」と言った会話で気持ちも和らぎました。腹部に注射なんて人生初でしたので、毎回ドキドキしておりました。

患者との関係:本人患者:30代女性治療時期:2015年6月
GnRHアゴニストリュープリン注射

子宮内膜症とは

子宮の内側のみにある細胞「子宮内膜」や子宮内膜にとてもよく似た細胞が、卵巣、ダクラス窩、S状結腸、直腸、仙骨子宮靱帯、腟、外陰部、膀胱(ぼうこう)、腹壁、へそなどの子宮以外の場所に発生し、子宮と同じように剥離や出血などを引きおこします。しかし、それらを体の外へ排出することができないため、体内にたまるため、激痛などの様々な症状をもたらします。

子宮内膜症の症状

満足度

まずは、片頭痛が全くなくなりました。小学生からの悩みでしたので驚きです(因果関係はわかりませんが・・・)。生理痛は多少ですが改善されましたが、経血量がひどいことと(やはり漏らしてしまいます)、やはり腹痛は改善されません。以前のような下痢や嘔吐はなくなりましたが、痛みが伴うものは本当に辛いです。

副作用

治療履歴

2015年6月
リュープリン注射(4Wに1度を半年)

病気と症状について

中学生の頃から酷い生理痛でした。同じ女性である母に話しても「女性はそんなものだよ」と言われ続けていました。症状としては《腹痛/頭痛/下肢痛/下痢/吐気/貧血》等々、市販の薬を服用しても、すぐに痛みがやってくるものでした。この症状は中学生からずっとです。外出中に貧血や下痢、血を漏らすということに見舞われたことなんて当たり前でした。本当は休んでいたかった仕事の最中に生理痛と片頭痛が起こってしまい、早退した事をきっかけに婦人科を受診しました。問診とエコー、内診を一通り終えて医師から名前を呼ばれました。エコー写真を見ながらの説明だったのですが、そこで初めて「子宮内膜症」と診断を受けました。共に「子宮腺筋症」との診断。手術まではいかないが、リュープリン注射をするように指導されました。

参考:子宮内膜症にかかった他の人の症状は...?

学生の頃から生理痛がひどく鎮痛剤を飲まないと生活できないレベ...

(続きを読む)

生理痛が年々酷くなり鎮痛剤を飲んでも痛みが取れない、生理にな...

(続きを読む)

子宮内膜症にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜGnRHアゴニスト(GnRHアナログ療法、偽閉経療法、内分泌療法、女性ホルモン製剤)を選んだか

費用は驚くほど高かったです。しかし、ピルを服用するにしても当時は仕事を休めるような状況ではなく、服用すること自体忘れてしまう程でしたので、4Wに1度の注射で多少でも改善するならと続けていました。毎回、注射をするたびにナースが「今回はどっちに打つ?(腹部左右どちらか)」と言った会話で気持ちも和らぎました。腹部に注射なんて人生初でしたので、毎回ドキドキしておりました。

参考:他の人がGnRHアゴニストを選んだ理由は...?

鼻からの吸引で行える、内服より内蔵に負担がないと説明されたが...

(続きを読む)

効果的だった治療法でした。 鎮痛剤だと一時的に痛みはひきま...

(続きを読む)

他の人がGnRHアゴニストを選んだ理由をもっと読む

GnRHアゴニストとは

性腺刺激ホルモン(Gn)の分泌を抑制することでエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌を抑えます。排卵がなくなり月経もなくなることで、月経痛や貧血が改善し、子宮内膜の病巣も縮小させます。
4週ごとの皮下注射タイプと毎日行う点鼻薬タイプがあり、主に「酢酸ナファレリン」「リュープロレリン酢酸」「ゴセレリン酢酸塩」「ブセレキュア酢酸塩」などを使用します。

「GnRHアゴニスト」の概要

GnRHアゴニスト(GnRHアナログ療法、偽閉経療法、内分泌療法、女性ホルモン製剤)の効果について

現在は腹痛のみで治まっています。今のところ病院へ行くほどの痛みが発生しないため、定期検診は行っていません。

参考:他の人が感じたGnRHアゴニストの効果は...?

生理を一時停めるのですが。タイミングによりいつ生理が再開する...

(続きを読む)

ホルモン注射を月1で通っていました。 最初はあまり効果が見...

(続きを読む)

他の人が感じたGnRHアゴニストの効果をもっと読む

治療期間

半年間

治療に関する費用

1ヶ月 9000円弱

副作用について

無月経状態、つまり更年期障害のような症状になると聞いておりましたが、本当にそうでした。2ヶ月くらい経ってから、症状が現れました。これが更年期障害か、、、と、ある意味いい勉強をさせてもらいました。症状は汗が驚くほど酷い。周りが涼しい顔をしていても、無意識に顔から全身から汗が流れてしまうのです。あとは心理的なものもあると思いますが、妙にネガティブになってしまいました。

参考:他の人が感じたGnRHアゴニストの副作用は...?

初めは吐き気を伴いました。慣れたら今度は浮腫んで太りました。...

(続きを読む)

筋肉注射だったので、腫れて痛かったのが3日程続きました。...

(続きを読む)

他の人が感じたGnRHアゴニストの副作用をもっと読む

子宮内膜症を患っている方へのアドバイス

どうしても注射をしなければならないのであれば、納得のいくまで医師へ相談された方が良いかと思います。手術前に使用されるような注射ですので、強いものなのかなと思っています。副作用の大量の汗に関しては、女性でも理解のない方がいらっしゃるので、なぜ注射をしているか説明しても傷つくことを言われたりするものです。仕事がある方は、職場の上司に副作用の有無に関してお話しされた方が良いかと思います。

参考:子宮内膜症を経験した他の人のアドバイスは...?

この病気は悲しい事に閉経までお付き合いする病気になる可能性が...

(続きを読む)

評判の良い医師に診てもらうのが一番大切だと思います...

(続きを読む)

子宮内膜症を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年11月21日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

子宮内膜症の体験談をもっとさがす

GnRHアゴニスト(GnRHアナログ療法、偽閉経療法、内分泌療法、女性ホルモン製剤)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす