あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

子宮内膜症の体験談

何年後かに手術しましたが、当時はまだ病巣も小さかったので手術の必要がなかったから。

患者との関係:本人患者:30代女性治療時期:2002年4月

子宮内膜症とは

子宮の内側のみにある細胞「子宮内膜」や子宮内膜にとてもよく似た細胞が、卵巣、ダクラス窩、S状結腸、直腸、仙骨子宮靱帯、腟、外陰部、膀胱(ぼうこう)、腹壁、へそなどの子宮以外の場所に発生し、子宮と同じように剥離や出血などを引きおこします。しかし、それらを体の外へ排出することができないため、体内にたまるため、激痛などの様々な症状をもたらします。

子宮内膜症の症状

満足度

この病気は薬を飲んでも完治しないし、大きな改善があったわけではないから。

副作用

治療履歴

2002年5月2004年1月:低用量ピル

病気と症状について

だんだんと生理痛が重くなってきて、仕事にも集中出来なくなってきました。同じ職場に子宮内膜症の人がいて、聞くと私と同じ症状でした。そのあとの生理が非常に量が多いときがあり、心配になったので医師を訪れました。

参考:子宮内膜症にかかった他の人の症状は...?

普段は、生理が来ると下腹部痛が始まり、2日間くらいは生理痛が...

(続きを読む)

14歳の頃、授業中に経血がもれるようになり、夜用ナプキンを2...

(続きを読む)

子宮内膜症にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(EP配合薬、LEP製剤、偽妊娠療法、内分泌療法、卵胞ホルモン・黄体ホルモン配合剤、女性ホルモン製剤)を選んだか

何年後かに手術しましたが、当時はまだ病巣も小さかったので手術の必要がなかったから。

参考:他の人が低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬を選んだ理由は...?

子宮内膜症の治療に用いる低用量ピルの中で最も一般的で効果があ...

(続きを読む)

保険が適用されている事と、友人がルナベルを服用していて快適に...

(続きを読む)

他の人が低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬を選んだ理由をもっと読む

低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬とは

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲスチン(黄体ホルモン)の2つの女性ホルモンを配合した薬です。女性ホルモンの分泌をなだらかにする作用があり、排卵と子宮内膜の増殖を抑えることで、子宮内膜症にともなう痛みや症状を軽減します。
主に「エチニルエストラジオール・ドロスピレノン配合」「エチニルエストラジオール・ノルエチステロン配合」などを使用します。

「低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬」の概要

低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(EP配合薬、LEP製剤、偽妊娠療法、内分泌療法、卵胞ホルモン・黄体ホルモン配合剤、女性ホルモン製剤)の効果について

飲み続けていくうちに生理の量が減り、内膜症の病巣が小さくなりました。生理痛はほんの少し減った気がします。

参考:他の人が感じた低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬の効果は...?

ピルを飲み始めた頃は体に合わず、倦怠感が続き具合が悪かったけ...

(続きを読む)

1シート目のルナベルを飲み始めてから生理痛が軽くなったので、...

(続きを読む)

他の人が感じた低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬の効果をもっと読む

治療期間

2年

治療に関する費用

薬:3000円

副作用について

タバコを吸うと血栓が出来やすいと聞きました。

参考:他の人が感じた低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬の副作用は...?

飲み始めてすぐから体の倦怠感。体が重く、ずっと寝ていたいよう...

(続きを読む)

副作用はなかったです。...

(続きを読む)

他の人が感じた低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬の副作用をもっと読む

子宮内膜症を患っている方へのアドバイス

ピルを初めて飲んだ次の日、少し頭がクラクラしました。座ってほんの少し休めば大丈夫になり、飲み続けていても気分が悪くなったのは最初の1日だけでした。40代になるとピルが飲めないので、治療出来る30代に飲んだ方が良いです。

参考:子宮内膜症を経験した他の人のアドバイスは...?

産科医によって、診断が変わること。特に高齢の産科医はベテラン...

(続きを読む)

最も苦しんだことは、周りの人には自分の辛さは伝わらないことで...

(続きを読む)

子宮内膜症を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年11月21日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

子宮内膜症の体験談をもっとさがす

低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(EP配合薬、LEP製剤、偽妊娠療法、内分泌療法、卵胞ホルモン・黄体ホルモン配合剤、女性ホルモン製剤)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす