あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(EP配合薬、LEP製剤、偽妊娠療法、内分泌療法、卵胞ホルモン・黄体ホルモン配合剤、女性ホルモン製剤)子宮内膜症

概要

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲスチン(黄体ホルモン)の2つの女性ホルモンを配合した薬です。女性ホルモンの分泌をなだらかにする作用があり、排卵と子宮内膜の増殖を抑えることで、子宮内膜症にともなう痛みや症状を軽減します。
主に「エチニルエストラジオール・ドロスピレノン配合」「エチニルエストラジオール・ノルエチステロン配合」などを使用します。

他の治療法に比べての優位性

月経困難症についての有効性が高いとされています。 鎮痛薬でコントロールが難しい痛みに対しては、第一選択薬とされ、子宮内膜症の進行を予防するためにも、早期からの投与を検討することが推奨されています。 副作用は比較的軽いとされます。 服用の期間設定などがなく、飲み続けることが可能です。

実際に治療を受けた方が選択した理由

医師からの治療法の選択としてGnRHアナログ療法と、開腹手術、偽妊娠療法を勧められました。当初はGnRHアナログ療法をやりましたが、強い副作用が起きたため、中止して、偽妊娠療法である低用量ピルの服用をすることにしました。服用してみたところ、副作用も特に感じられなかった為続けていきました。
何年後かに手術しましたが、当時はまだ病巣も小さかったので手術の必要がなかったから。
子宮内膜症の治療に用いる低用量ピルの中で最も一般的で効果があると説明を受けたため。

留意すべきこと

子宮内膜症による痛みの対症療法のため、病気そのものを治すことはできません。
妊娠時に近いホルモン状態になるため、つわりのような副作用がおこることがあります。
まれに血栓症のリスクを生じることがあります。
同等薬の低用量ピルは避妊薬なので子宮内膜症に対しては保険適応対象外になります。
35歳以上でこの薬を服用する場合は、静脈血栓症、肺塞栓症、心筋梗塞、脳卒中などの副作用の危険性を高めるため禁煙することが必要です。
長期間服用する場合には6ヵ月毎に、問診と検診を受診することが推奨されます。
1年に1回は子宮頸部の細胞学的診断を受けるようにしましょう。
乳がんの検査を行うようにしましょう。
月経が来ないときや不正出血がある場合、は医師に相談しましょう。
セイヨウオトギリソウは作用を強める可能性があるため、使用している方は医師に報告しましょう。

実際に感じた効果

低用量ピルを飲み始めてから、もともと辛かった生理がかなり楽になり、生理痛もなくなり、腫瘍も少しずつ小さくなっていった。今では腫瘍は見られず、昨年無事妊娠することもでき、出産も出来た。
飲み続けていくうちに生理の量が減り、内膜症の病巣が小さくなりました。生理痛はほんの少し減った気がします。
ピルを飲み始めた頃は体に合わず、倦怠感が続き具合が悪かったけれど、飲み始めて2か月くらいでそれもなくなりいつも通り過ごせるようになりました。半年くらいで子宮内膜症も少しずつ改善し、痛みもなくなってきました。

副作用と対策

頭痛

頭痛を引きおこす場合があります。

症状が重い場合は医師に相談しましょう。減薬や中止することで症状がやわらぐ場合もあります。また、必要に応じて鎮痛剤により症状をおさえることがあります。頭痛がおきた際には、どのくらい痛みがあるのか、症状を医師にしっかりと伝えるようにしましょう。

不正出血

本来の生理による出血以外におこる異常出血がみられることがあります。

治療中や治療後に症状がみられたり、からだに違和感や異変を感じた場合は、早めに医師に相談するようにしましょう。

吐き気

消化器系へ影響をおよぼし、食欲の低下や吐き気をもよおすことがあります。

医師と相談し、吐き気止めの併用や、薬の量の調整などを行いながら服用してください。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

ピルを服用すると、ごく稀に血栓症になると、事前に説明を受けましたが、何も起こりませんでした。
吐き気(飲み始め1週間ほど)吐き気止めを一緒に処方してもらっていました。手足の浮腫みマッサージ
ルナベルを、服用しても全く副作用が、ないわけではありませんが、副作用の対処法としては、2週間ほどで気分が悪くなる方まいらっるようですが、その際は2週間ほどで治ってくるらしいので、たまに気持ち悪くなる時もあったようですが、何とか2週間我慢していました。

50代女性の家族(この人の治療体験)

費用

1ヶ月:2,000~3,000円程度

実際にかかった費用

2ヶ月に1回の通院です。 薬剤:5000円(ピル56日分・痛み止め7日分) 診察:4000円(内診・がん検診・処方せん料)
長期診療のため1ヶ月の費用です 診察費:2000円位 処方薬費:5000円

一般的な所要時間

投与期間:月経第1日目から決められた服薬スケジュールにあわせて服薬します。

適用される患者

鎮痛剤で痛みが軽減しない方、当面妊娠の予定のない方、妊娠を希望しない方

下記の方は適応をさけましょう。
この薬によりアレルギー症状が出たことがある方、乳がん、子宮内膜がん、子宮頸がんおよびその疑い、診断の確定していない異常性器出血、血栓性静脈炎・肺塞栓症・脳血管障害・冠動脈疾患または既往歴、喫煙者、片頭痛、心臓弁膜症、糖尿病、血栓性素因、抗リン脂質抗体症候群、手術前4週以内、術後2週以内、産後4週以内、長期間安静状態、肝障害、肝腫瘍、脂質代謝異常、高血圧、耳硬化症、妊娠中に黄疸・持続的なかゆみ・妊娠ヘルペスの既往歴、腎障害または急性腎不全がある方
下記の方は注意が必要です。
40歳以上の方、子宮筋腫、乳房結節、肥満、てんかん、うつ、乳がん既往・家族歴のある方、喫煙者

更新日:2017年11月21日

参照元:(産婦人科診療ガイドライン-婦人科外来編2014日本産科婦人科学会http://www.jso.or.jp/activity/pdf/gl_fujinka_2014.pdf(閲覧日:2017年11月17日),子宮内膜症/子宮腺筋症の診断と治療日本産婦人科学会file:///C:/Users/tanih/AppData/Local/Microsoft/Windows/INetCache/IE/5S1JSL1R/5_2Dr.Kudo.pdf(閲覧日:2017年11月17日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2017年11月17日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

体験談をさがす

低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(EP配合薬、LEP製剤、偽妊娠療法、内分泌療法、卵胞ホルモン・黄体ホルモン配合剤、女性ホルモン製剤)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。