あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

腹腔鏡下手術(内視鏡手術)子宮内膜症

概要

全身麻酔を行い、腹部に5mm~12mmの穴を数ヶ所(基本はおへその上か下に1ヶ所、恥骨のあたりに左右1ヶ所ずつの計3か所)開けます。そこから腹腔鏡と手術器具を挿入し、モニター画面でお腹の中を見ながら治療を行う手術です。
「病巣切除術」と「病巣焼灼術」などがあります。
卵巣チョコレートのう胞(卵巣に発生した子宮内膜症)の場合は、のう胞だけを摘出し、正常な卵巣部分は残します。ただし40歳以上の方は、卵巣がんのリスクを回避するため卵巣摘出を薦められることがあります。

他の治療法に比べての優位性

開腹手術と比べ、術中の出血も比較的少なく、術後の痛みも少ないため体への負担も少なくなります。そのため回復も比較的早い術式になります。 薬物療法で効果のなかった痛みに対しても効果が期待できます。 妊娠しやすい体への改善効果が期待できます。

実際に治療を受けた方が選択した理由

医師からは「内部を確認し癒着を剥がせば痛みは消える」と仰っていたにも拘わらず月経痛は全く軽くならず、治りませんでしたので、マイナスな意味で印象に残っています。
当時腹腔鏡を選んだ理由は2つあります。まず1つ目に結婚、出産の予定がなかったからです。手術をすれば少なからず質の良い卵子が減少する可能性があるそうなので妊娠を希望していたらやめていたと思います。2つめは開腹手術と比較して傷が小さく、術後の回復の早いためです。女性ならば大きな傷は残したくないものです。
他に選択肢がなかった事もありますが、1番は身体への負担が少ないということでした。入院期間も短くてすむとの事で決心しました。

留意すべきこと

開腹手術と比べ、やや施術時間が長くかかります。
病巣を取り切れなかった場合、再発の可能性があります。
手術開始後に適応できない症例と判断された場合は、開腹手術に変更して対処することがあります。
まれに出血や感染、術後イレウスなどを引きおこす可能性があります。
症状や子宮内膜症が認められる場所により手術時間や入院時間などが異なります。

実際に感じた効果

腹腔鏡手術をすればお腹の中は綺麗な状態になりますが、生理痛はあまり変わりませんでした。術後も生理の際は鎮痛剤を飲んで乗り切っていました。
手術後、日常生活に戻ってからは痛みもなく、下腹部の張りや激しい痛みにも襲われることもなくなりました。
腹腔鏡手術を受けたことで、生理痛も軽くなり、出血量も減りました。ただ、再発することもあるようで、低用量ピルを服用しています。その後の超音波検査では経過良好です。

副作用と対策

出血

手術にともなって出血がおこります。

出血が大量な場合、輸血で対応します。輸血が必要なのは3~4%程度です。

縫合不全

手術で縫い合わせた部分がうまく治癒せず、出血や炎症をおこし、疼痛や発熱などの症状があらわれることがあります。

滅菌ガーゼを当てて、毎日消毒します。多くの場合は、時間の経過とともにくっつきます。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

全身麻酔での手術だった為、人工呼吸器を付けたことにより、喘息の発作が起きてしまいました。その後しばらく喘息に悩まされました。腹腔鏡手術といえど体はの負担は思いの外大きく、術後翌日より蕁麻疹が出やすくなりました。 また、退院後数日発熱がありました。
術後は想像していたよりもとても痛く、もう歩きたくない!とも思いましたが日にち薬と言ったもので、本当に日に日に良くなりました。まだ、傷も目立つし気分的には病人気分ですが手術前より楽になったのは確かです。 不満といえば、ディナゲストの副作用で不正出血がありますがまだ毎日あることや、生理が来なくなるはずなのにルナルナの生理予定日になると腰の痛みや出血が少しばかり多くなることです。 完全に止まるのはいつなのかと不安になることもあります。
産後数ヶ月で全身麻酔の手術をしたせいか、数ヶ月は身体の痛みであまり動くことが出来ませんでした。子宮内膜症の再発もその原因のひとつかもしれませんが。

費用

200,000円程度(手術および入院費用含む)

実際にかかった費用

MRI:8000円 毎回の診察代:平均3000円×術前6回 入院費:6万(保険限度額適用額です) 術後診察代:平均2000円 ディナゲスト:9000円
入院:300,000円(3週間、途中で1泊1万の3人部屋に変更したため) 手術代:115,000円

30代女性の家族(この人の治療体験)

ピルまでは月5000円程度でしたが、手術前は20000円前後でした。(偽閉経の注射が1回15000円程度だったように記憶しています) 手術の際には20万程度だったかと思いますが(保険適用後)、高額療養費制度と会社の健康保険組合の制度のおかげで自己負担は2万程度でした。

一般的な所要時間

入院期間:3日~1週間程度

適用される患者

不妊症をともなっている方、症状が進行し薬物治療では症状が改善しない方、卵巣チョコレートのう胞の方

下記の方は適応をさけましょう。
薬物療法で効果のある方

更新日:2017年11月21日

参照元:(産婦人科診療ガイドライン-婦人科外来編2014日本産科婦人科学会http://www.jso.or.jp/activity/pdf/gl_fujinka_2014.pdf(閲覧日:2017年11月17日),子宮内膜症/子宮腺筋症の診断と治療日本産婦人科学会file:///C:/Users/tanih/AppData/Local/Microsoft/Windows/INetCache/IE/5S1JSL1R/5_2Dr.Kudo.pdf(閲覧日:2017年11月17日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2017年11月17日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

体験談をさがす

腹腔鏡下手術(内視鏡手術)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

腹腔鏡下手術についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。