あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

子宮体がん(子宮内膜がん)の体験談

一度目の投与で投与して三日目位に腕と足に蕁麻疹がでてきたのですがその蕁麻疹の形が気持ち悪かったからです。癌を抑えるためとはいえ、体に毒をいれてるのだなと視覚的に感じたから。

患者との関係:本人患者:40代女性治療時期:2014年10月
TC療法パクリタキセルとカルボプラチン

子宮体がんとは

婦人科で最も多い子宮がんは、「子宮頸がん」と「子宮体がん」に分けられますが、「子宮体がん」は子宮内膜がんともよばれ、子宮内側にある子宮内膜に発生します。
子宮頚部や頸管に発生する「子宮頸がん」とは異なるため、違いを理解し治療を選択することが大切です。

子宮体がんの症状

満足度

癌に対しては不安感を取り除いてくれたのでこの治療には満足しているけれど副作用で足に神経障害がのこり1年半たった今でも改善されてないことと喘息が悪化し喘息ステップ4となったのも抗がん剤TC療法によるものと診断されまた、もともと患っていた橋本病もTC療法後に橋本病増悪になり次々に体へのダメージがあらわれてるのでこの治療をしてよかったのかどうかと思うので。

副作用

治療履歴

2014年11月に広汎子宮全摘出手術+リンパ節郭せい
2014年12月末
TC療法
6クール中、アレルギーにより5クールで中止に。
現在は三ヶ月に一度の経過観察

病気と症状について

最初の気になる症状は排卵時の下腹部痛。歩くだけで響くような傷みが走り生理の時に大きなレバー状の塊がではじめ、出血量が物凄か多くなったので受診。
最初の病院ではなんの問題もなしと言われて2週間後に他の病院へ受診したところ子宮頚部腺癌と診断されました。
さらに詳しく検査するため大きな病院に紹介され再検査し、子宮体ガンか子宮頚部腺癌のどちらかで、手術をしてみないと判断つかないとのこと。
腫瘍の大きさは4センチ弱でした。ステージも手術をしてみて診断するといわれました。

参考:子宮体がんにかかった他の人の症状は...?

私は5年ほど不正出血が続いており、生理が周期的ではなく常に起...

(続きを読む)

不正出血があり受診しました。 精密検査したら、がん細細胞診...

(続きを読む)

子宮体がんにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜTC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)を選んだか

一度目の投与で投与して三日目位に腕と足に蕁麻疹がでてきたのですがその蕁麻疹の形が気持ち悪かったからです。癌を抑えるためとはいえ、体に毒をいれてるのだなと視覚的に感じたから。

参考:他の人がTC療法を選んだ理由は...?

病院の標準治療であることと、保険適用であることが大きかったで...

(続きを読む)

選択肢はほかになく抗がん剤の投薬をするか、しないかという選択...

(続きを読む)

60代女性の家族(この人の治療体験)

他の人がTC療法を選んだ理由をもっと読む

TC療法とは

副作用が比較的軽く入院が不要なことや、効果の面でもAP療法に劣らないことから、最近一般的に行われている抗がん剤治療の1つです。
細胞の中に入り、がん細胞の増殖を抑え死滅させる「パクリタキセル」と、がん細胞の増殖を抑える「カルボプラチン」2種類の抗がん剤を使用します。1日目に制吐剤と抗アレルギー剤を服用し、その後「パクリタキセル」を3時間点滴、続けて「カルボプラチン」を1時間点滴、その後20日間の休薬を1コースとします。

「TC療法」の概要

TC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の効果について

もともと目に見える腫瘍は手術で取り除いてたということでTC療法は念のために行われた治療。なので、腫瘍が小さくなり効果があったとかないとかは現在わからないと医師にいわれました。
リンパへの転移が疑われたので血液にのこってる癌細胞への治療とのこと。
現在、再発していないことが効果ありということなのかとおもってます。

参考:他の人が感じたTC療法の効果は...?

私の場合、術後の補助療法で行ったものなので、「癌がちいさくな...

(続きを読む)

手術後、最初の投薬治療が始まり投薬してから数日は普通に動ける...

(続きを読む)

60代女性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じたTC療法の効果をもっと読む

治療期間

TC療法:4ヵ月

治療に関する費用

母子家庭で入院費すべて市で負担してくれてたのでわかりません

副作用について

1回目投与三日後に蕁麻疹。首と腕と足にでてとてもかゆかった。すべての投与で蕁麻疹はアレルギー薬を使用しても発症。
吐き気は投与開始から二日間でおさまり、三日目にふくらはぎが誰かに蹴飛ばされたよう痛くなったが、これは、一日でおさまった。
TC療法三回目投与で両足の親指と人差し指に神経障害。足の裏もピリピリして歩くだけで痛かった。頭の脱毛スタート。
5回目の投与では激しい動悸と頭痛が一日目からあり何度も何度も物凄い眠気に教われ
気がつくと動悸とともにビックリして目がさめるという状態。意識が落ちてしまっていた。四日目に少しおさまる。
すべての投与時に排便障害。つらい便秘薬と激しい下痢の繰返しでとても苦労しました。

参考:他の人が感じたTC療法の副作用は...?

点滴 当日~2日目 副作用なし 3日目午後 軽い吐き...

(続きを読む)

投薬3日後はまったく動けず、家族が介護しなければいけないほど...

(続きを読む)

60代女性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じたTC療法の副作用をもっと読む

子宮体がんを患っている方へのアドバイス

婦人科の手術は子宮の周りには排便や排尿に関係する神経があるので術後は排泄が大変です。私の場合、最初の一ヶ月で自己導尿から卒業できましたがほとんどの人が苦労します。
夜はカテーテルをつけて就寝しなければならなかったりするのでベットも高さのあるものに変えたりしました。
外出先のトイレでの自己導尿もなかなか大変。広いトイレはあるものの導尿グッズを置く棚がないので慣れるまでは時間がかかりました。
卵巣も摘出したので更年期症状が突然やってきて体も心も慣れるのに大変でした。
体ガンの場合、更年期症状を改善するためのホルモン剤を使用すると再発リスクが高まるとのことで、使用できなかったのも辛い原因です。

参考:子宮体がんを経験した他の人のアドバイスは...?

この病気自体、肥満や40歳以降の方に多い病気のようで、私のよ...

(続きを読む)

若くて独身の方で子宮体がんで子宮を温存できるなら子宮温存を選...

(続きを読む)

子宮体がんを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年02月26日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

子宮体がんの体験談をもっとさがす

TC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす