あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

摂食障害(中枢性摂食異常症)の体験談

薬を服用すると、眠たくなったりしました。しかし、あまり効果はわからず、現在も服用していますが、眠たくなるだけで効果は実感できていません。

患者との関係:本人患者:10代以下女性治療時期:2013年5月
SNRIジプレキサ

摂食障害とは

心理的な要因にもとづく食行動の障害です。神経性食欲不振症と神経性過食症に大きく分類されます。
体型を維持するため、過度に食事を制限するタイプと過食をしても嘔吐をするなどして体重を維持するタイプがあります。またそのどちらにも分類されない特定不能の摂食障害というのもあります。摂食障害をもつ方のほとんどは、若い女性だといわれています。

摂食障害の症状

満足度

精神科にはあまり自由はないため。しかし、看護師は優しく接してくれた。

副作用

治療履歴

2013年:ジプレキサ
2014年:セロクエル

病気と症状について

学校での出来事や、家庭での出来事により、2012年頃から徐々に食べられなくなり、2013年5月には28キログラムくらいになり、大学病院に受診し翌日精神科に入院。
医師からはこれ以上このままにすると命の保証はないと言われました。入退院を繰り返し5回入院しました。1回の入院は約3ヶ月。退院してはまた食べられなくなり体重が減って入院を繰り返しました。
現在は入院とはならないものの、完治はしておらず、定期的に通院しています。

参考:摂食障害にかかった他の人の症状は...?

職場でのストレスにより、食事が一切摂れなくなりました。食べて...

(続きを読む)

ダイエットを始めたところ体重が落ちていくのが楽しくなり摂取カ...

(続きを読む)

摂食障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜSNRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)を選んだか

薬を服用すると、眠たくなったりしました。しかし、あまり効果はわからず、現在も服用していますが、眠たくなるだけで効果は実感できていません。

参考:他の人がSNRIを選んだ理由は...?

摂食障害はうつ状態の二次障害であり、原疾患の治療を行うことが...

(続きを読む)

SNRIとは

うつ症状が強いときに症状の緩和のために処方される、代表的な抗うつ剤です。SSRIで症状が緩和しない場合や、体に合わない場合に処方されます。セロトニンとノルアドレナリンの量を増やし、意欲を向上させる効果があります。

「SNRI」の概要

SNRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の効果について

最初の入院から2回目の入院では食事療法と行動制限。
2回目入院ご退院しては通院となったとき、ジプレキサを試しました。
3回目の入院からは食事療法と行動制限にセロクエルを服用、さらに栄養剤を経口摂取。薬の効果はわかりません。栄養剤を飲むことで体重は増えやすくなりました。

参考:他の人が感じたSNRIの効果は...?

現在は完治しています。 2006年8月発症。2006年11...

(続きを読む)

治療期間

入院:3ヶ月

治療に関する費用

入院:1ヶ月 数万円 (子ども医療費で入院費用は実質0円。食事代や光熱費)

副作用について

眠気

参考:他の人が感じたSNRIの副作用は...?

トレドミンを飲み始めた2週間くらいは吐き気。 投与が2年を...

(続きを読む)

摂食障害を患っている方へのアドバイス

私の場合、太りたくないという思いが強いのもありますが、摂食障害罹患者として慢性化してしまい、体重は少しずつ増え30キログラム台後半にはなりましたが、まだ健康な体重を受け入れられません。月経もほとんど来ません。
最初の入院でちゃんと増やしておけばと思い後悔ばかりです。ですので、なるべく入院中に40キロに体重を増やしてから退院することで、治療の長期化を防ぎ、自分の死にたいとかいう思いもせずに済むと思います。
私は33キログラムでの退院を許され、それに甘えてしまいました。また、先生とも上手く付き合い、なんでも話していくことが大切です。

参考:摂食障害を経験した他の人のアドバイスは...?

やはり、まずは自分で治そうと思えないと、自分の状態を自分で理...

(続きを読む)

「こうでなければならない」という考えを捨てましょう。周囲の視...

(続きを読む)

摂食障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年04月18日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる