あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

耳管狭窄症

耳管狭窄症とは

耳管狭窄症は、耳と鼻の間にある「耳管」の換気機能が悪くなり、外部気圧との圧力バランスをとる働きが乱れることで、耳の痛みや違和感、耳鳴り、めまい、立ちくらみなどの症状があらわれます。

症状と原因

耳がつまった感覚や音がよく聞こえない「耳閉感」とよばれる症状がみられます。痛みや耳鳴り、めまいや立ちくらみを覚えるようになる症例も珍しくありません。
そのほか自分の声や呼吸音が大きく響いて聞こえるようになることもあります。

体験談

体験談を見るにあたって

症状の確認し、患部の検査などを行った上で治療法を決定します。治療法には以下のような方法があります。
(1)耳管通気法
(2)薬物療法
(3)鼻の処置
(1)は患部を直接な治療する方法です。治療法はいくつかあるため、症状や状態などから判断して選択します。
(2)は耳管内に炎症がおきている場合によく用いられる治療法です。症状により使用する薬は異なります。抗生物質や消炎剤が使われることが多いです。
(3)は鼻水が多いときによく行われる治療法です。

更新日:2018年03月24日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす