あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

嚥下障害の運動療法(嚥下訓練)の体験談

嚥下障害の「運動療法」に関する体験談をまとめています

このページでは、嚥下障害の運動療法(嚥下訓練)を経験された方の体験談を掲載しています。
病気が原因ではなく、加齢によるものだったので、喉や舌の運動、リハビリが大事ということでした。使えなくなってしまったから、使うのをやめるのではなく、上手く訓練して、スムーズに食事をとるということを教えられ、なるほどな。と思った次第です。 (70代以上女性)」や「最初の検査で、完治は絶望的と言われたけれど、転院をして、病院で藤島式バルーンリハビリ法をを始めたら、みるみる良くなっていき、あっという間に快方に向かったため。 (70代以上男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-2件目を表示/全2件

運動療法(嚥下訓練)とは

口や喉の筋力、呼吸機能のトレーニングなどを行い、嚥下をスムーズに行えるよう訓練する治療法で、一般にはリハビリテーションの一環として実施されます。具体的には、頬や舌の動きをスムーズにする、呼吸法によってたんを円滑に出せるようにする、発生の練習などを行います。

運動療法(嚥下訓練)の詳細はこちら

更新日:2016年04月22日

嚥下障害の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす