あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

体位指導と口腔ケアの比較嚥下障害

適用される患者

姿勢の改善により嚥下機能の回復が見込まれる方、活動性が低下しベッド上での生活が中心となっている方

以下の方は適応をさけましょう。
重度の嚥下障害があり、姿勢の改善だけでは誤嚥のリスクを軽減することが難しい方

全身機能が低下し座ることができない方、うがいや歯磨きが自分でできない方、義歯や入れ歯などを使用している方

他の治療法に比べての優位性

姿勢の不良は飲食物の逆流、喉のつまりなどの原因になるといわれているため、姿勢(体位)の指導は重要な嚥下治療の一環とされます。また、特別な医学処置を必要としないため、薬剤、手術などと比較すると身体的な負担が軽い方法とされます。
口腔ケアを適切に行うことで、口の中の細菌が大幅に減少します。嚥下障害の方は飲み込みがうまくできないために口内に細菌が繁殖しやすく、不衛生な口内環境が続けば誤嚥性肺炎をおこすリスクが高くなります。口腔ケアにより肺炎のリスク、介護負担を軽減できる可能性があり、重要な嚥下障害の対策に位置付けられています。

留意すべきこと

体位指導は医療機関だけでなく、家族など周囲の協力が必要となり、場合によっては家族の負担となることもあります。

自分で口内の清掃などができない場合は、家族や周りの方の協力が必要になります。

副作用と対策

誤嚥

体位の指導が不適切な場合、誤って気道や肺に飲食物が入りこんでしまう可能性があります。

誤嚥がおこったときは、誤嚥物を取り除く、あるいは医学的な処置が必要になる場合もあるため、医師や看護師に速やかに連絡しましょう。

誤嚥

うがいなどの指導を行っている際に、誤って気道や肺に水分が入りこんでしまう可能性があります。

寝たまま口腔ケアを行わないようにすることで予防できます。また誤嚥がおこったときは、誤嚥物を取り除く、あるいは医学的な処置が必要になる場合もあるため、医師や看護師に速やかに連絡しましょう。

口腔粘膜損傷

ブラシなどの不適切な使用により、口の中の粘膜、歯茎などを傷つける場合があります。

傷の具合によって、軟膏などが処方される場合があります。

一般的な所要時間

治療期間:回復するまでの期間
※症状により治療期間は異なりますが、永続的、定期的に必要となることもあります。

軽度の嚥下障害であれば回復するまで続けます。症状により永続的、定期的に必要となることもあります。

体験談件数

-/全5
-/全5

体験談評価平均

-/5.0

疾病平均3.4

-/5.0

疾病平均3.4

治療法を比較したら
自分に合う治療法を詳しく知ろう

治療法について、実際に質問してみる

上記以外の嚥下障害の治療法

参照元:(標準的神経治療:神経疾患に伴う嚥下障害 日本神経治療学会https://jsnt.gr.jp/guideline/img/enge.pdf(2017年2月16日閲覧),嚥下障害診療ガイドライン2012年版 日本耳鼻咽喉科学会 金原出版 2012年,日本耳鼻咽喉科学会会報Vol.118No.1 日本耳鼻咽喉科学会https://www.jstage.jst.go.jp/article/jibiinkoka/118/1/118_74/_pdf(2017年2月16日閲覧),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2016年2月24日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

嚥下障害についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。

フリーワード検索からさがす