あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

運動療法(嚥下訓練)嚥下障害

概要

口や喉の筋力、呼吸機能のトレーニングなどを行い、嚥下をスムーズに行えるよう訓練する治療法で、一般にはリハビリテーションの一環として実施されます。具体的には、頬や舌の動きをスムーズにする、呼吸法によってたんを円滑に出せるようにする、発生の練習などを行います。

他の治療法に比べての優位性

軽度から中等度の嚥下障害に効果があるとされます。また薬剤、手術などと比較すると身体的な負担が軽い方法になります。

実際に治療を受けた方が選択した理由

病気が原因ではなく、加齢によるものだったので、喉や舌の運動、リハビリが大事ということでした。 使えなくなってしまったから、使うのをやめるのではなく、上手く訓練して、スムーズに食事をとるということを教えられ、なるほどな。と思った次第です。

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

最初の検査で、完治は絶望的と言われたけれど、転院をして、病院で藤島式バルーンリハビリ法をを始めたら、 みるみる良くなっていき、あっという間に快方に向かったため。

70代以上男性の家族(この人の治療体験)

留意すべきこと

専門家と行う運動療法の時間は限られているため、家庭などで自発的に取り組むことも大切です。
症状により家族や周りの方の協力などが必要な場合があります。

実際に感じた効果

発症して、どういなる事かと思いましたが、リハビリをすると、1ヶ月ほどたったころから少しずつ成果が見られ、最初のころより嚥下がうまくいくようになりました。現在は3年程経ちますが、もとに戻ったわけではないですが、上手く付き合えるほどになっていきました。

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

バルーンリハビリ法は、一人の時でも部屋でできるもので、 詰まっている食道の入り口の辺りに風船のようなものをいれ、すこしづつ風船で内側から膨らませて、食道を広げるようなリハビリです。他の嚥下リハビリ体操とともに週四回程度始めました。 リハビリを始めて、まず鼻腔をやめ、自分で食道に管を入れて、液状の食べ物を流すことを始めました。 2週間程度で、口を使って食べる練習を始めるようになりました。家族には少し早いと思えたほどです。 食事の練習は、言語聴覚士立ち合いのもとで、危険がないように進められました。 食事は少しずつ形のあるものになり、約一ヵ月で普通食になりました。

70代以上男性の家族(この人の治療体験)

副作用と対策

疲労

訓練において、初期には疲労を感じることもあり、またコミュニケーションの不良から担当者と意思疎通がうまくいかず、精神的なストレスにつながることもあります。

こまめに休憩をいれる、また回復にあわせて訓練内容を見直すといった対応などで緩和していきましょう。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

薬は使用しなかったため、副作用はありませんでした。

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

薬を飲んでいないので、副作用は感じませんでした。

70代以上男性の家族(この人の治療体験)

費用

数百円~数千円程度

実際にかかった費用

1000円

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

入院100000円

70代以上男性の家族(この人の治療体験)

一般的な所要時間

実施時間:10~30分程度

適用される患者

嚥下障害がある方でコミュニケーションが可能な方

以下の方は適応をさけましょう。
認知症などが重度で、著しいコミュニケーションの障害がある方

更新日:2017年02月21日

参照元:(標準的神経治療:神経疾患に伴う嚥下障害 日本神経治療学会https://jsnt.gr.jp/guideline/img/enge.pdf(2017年2月16日閲覧),嚥下障害診療ガイドライン2012年版 日本耳鼻咽喉科学会 金原出版 2012年,日本耳鼻咽喉科学会会報Vol.118No.1 日本耳鼻咽喉科学会https://www.jstage.jst.go.jp/article/jibiinkoka/118/1/118_74/_pdf(2017年2月16日閲覧),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2016年2月24日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

他の治療法をさがす

運動療法以外の治療法をさがす

間歇的口腔食道経管栄養法(OE法)体位指導声帯内注入術(嚥下機能改善手術、声帯充填術)レボドパ(パーキンソン病治療薬、レボドパ含有製剤)喉頭形成術(嚥下機能改善手術)気管切開術(誤嚥防止手術)喉頭閉鎖術甲状軟骨側板切除術(嚥下機能改善手術)舌小帯形成術(嚥下機能改善手術)鼓索神経切断術(嚥下機能改善手術)口角挙上術(嚥下機能改善手術)半夏厚朴湯アマンタジン塩酸塩(パーキンソン病治療薬、ドパミン遊離促進薬)経静脈栄養療法(経管栄養療法、PN、 TPN)経腸栄養療法(経管栄養療法、EN)物理療法(理学療法)食事療法喉頭全摘術(誤嚥防止手術)気管食道吻合術(誤嚥防止手術)声帯縫合術(誤嚥防止手術、喉頭閉鎖術)仮声帯縫着術(誤嚥防止手術、喉頭閉鎖術)喉頭蓋披裂部縫合術(誤嚥防止手術、喉頭閉鎖術、Biller法)披裂軟骨内転術(嚥下機能改善手術、声帯内方移動術、喉頭形成術)舌骨下筋群切断術(嚥下機能改善手術)輪状咽頭筋切断術(嚥下機能改善手術)咽頭縫縮術(嚥下機能改善手術)咽頭弁形成術(嚥下機能改善手術)舌接触補助床(PAP)シロスタゾール(抗血栓薬、抗血小板薬)口腔ケア喉頭気管分離術(誤嚥防止手術)喉頭蓋管形成術(嚥下機能改善手術)甲状軟骨形成術I型(嚥下機能改善手術、声帯内方移動術、喉頭形成術)喉頭挙上術(嚥下機能改善手術)カプサイシンACE阻害薬(降圧薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬)

運動療法と他の治療法を比較してみる

運動療法 × 間歇的口腔食道経管栄養法(OE法)運動療法 × 体位指導運動療法 × 声帯内注入術(嚥下機能改善手術、声帯充填術)運動療法 × レボドパ(パーキンソン病治療薬、レボドパ含有製剤)運動療法 × 喉頭形成術(嚥下機能改善手術)運動療法 × 気管切開術(誤嚥防止手術)運動療法 × 喉頭閉鎖術運動療法 × 甲状軟骨側板切除術(嚥下機能改善手術)運動療法 × 舌小帯形成術(嚥下機能改善手術)運動療法 × 鼓索神経切断術(嚥下機能改善手術)運動療法 × 口角挙上術(嚥下機能改善手術)運動療法 × 半夏厚朴湯運動療法 × アマンタジン塩酸塩(パーキンソン病治療薬、ドパミン遊離促進薬)運動療法 × 経静脈栄養療法(経管栄養療法、PN、 TPN)運動療法 × 経腸栄養療法(経管栄養療法、EN)運動療法 × 物理療法(理学療法)運動療法 × 食事療法運動療法 × 喉頭全摘術(誤嚥防止手術)運動療法 × 気管食道吻合術(誤嚥防止手術)運動療法 × 声帯縫合術(誤嚥防止手術、喉頭閉鎖術)運動療法 × 仮声帯縫着術(誤嚥防止手術、喉頭閉鎖術)運動療法 × 喉頭蓋披裂部縫合術(誤嚥防止手術、喉頭閉鎖術、Biller法)運動療法 × 披裂軟骨内転術(嚥下機能改善手術、声帯内方移動術、喉頭形成術)運動療法 × 舌骨下筋群切断術(嚥下機能改善手術)運動療法 × 輪状咽頭筋切断術(嚥下機能改善手術)運動療法 × 咽頭縫縮術(嚥下機能改善手術)運動療法 × 咽頭弁形成術(嚥下機能改善手術)運動療法 × 舌接触補助床(PAP)運動療法 × シロスタゾール(抗血栓薬、抗血小板薬)運動療法 × 口腔ケア運動療法 × 喉頭気管分離術(誤嚥防止手術)運動療法 × 喉頭蓋管形成術(嚥下機能改善手術)運動療法 × 甲状軟骨形成術I型(嚥下機能改善手術、声帯内方移動術、喉頭形成術)運動療法 × 喉頭挙上術(嚥下機能改善手術)運動療法 × カプサイシン運動療法 × ACE阻害薬(降圧薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬)