あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

嚥下障害

嚥下障害とは

嚥下障害は、飲み込みがスムーズにいかなくなる症状です。喉の病気によるもの、あるいは脳の神経障害により結果的に喉の筋肉などがうまく機能しなくなるものなどがあります。嚥下障害が生じると、飲食物が正しく消化器官に入らないため栄養障害や窒息などの症状を引きおこします。また、食道から胃に流れなければならない飲食物が誤って気道や肺に入ってしまう「誤嚥(ごえん)」をおこすと、重い肺炎につながることもあります。とくに高齢の方などはこの肺炎で命を奪うことがあるとされています。

症状と原因

嚥下障害の初期症状として、食事中にむせる、食後に喉がゴロゴロするような違和感を覚える、たんの量が増える、黄色っぽく色味があるたんが出るなどの症状がみられるといわれています。むせ症状があるために、食べるのに時間がかかる、食べ物の好みが変わるということもあります。

体験談

体験談を見るにあたって

嚥下障害の治療法は、栄養療法、嚥下訓練(リハビリテーション)、薬物療法、手術に大別されます。
(1)栄養療法
軽い嚥下障害であれば、食べものを細かく刻む、とろみをつけるなどして対応できるとされます。栄養療法は重い嚥下の障害があり口から食べものや水分などの栄養分を摂取できないときの対応法で、消化器官にチューブを挿入し、直接栄養剤などを注入する経管栄養(けいかんえいよう)などが実施されることもあります。
(2)嚥下訓練(リハビリテーション)
飲み込みに必要な神経の反射や筋肉の活動を促すことが目的とされます。呼吸の練習、筋肉トレーニングなどが中心となるほか、実際に食べものを食べながらそれを観察し、食べものの形状や食べるときの姿勢などを指導するといったことなどが行われるとされます。
(3)薬物療法
神経の反射活動を促し、誤嚥を防ぐ目的、筋肉の活動を促す目的などで薬剤が検討されることもあるとされます。薬物療法は誤嚥の防止策として効果が期待されます。
(4)手術
解剖学的にみて食べものの通り道が狭いなどの問題がある場合、重度の嚥下障害があり、外科的な処置の必要性が高い場合に選択されるとされます。問題の箇所を部分的に切除する方法や、誤嚥を防止する目的で行われる手術などがありますが、手術によっては発声ができなくなることもあり、十分な検討が必要となります。

更新日:2017年02月21日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす