あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

LEP製剤(ホルモン療法、経口避妊薬、低用量ピル、低容量エストロゲン・プロゲステロン配合剤)月経困難症

概要

低用量の経口避妊薬のひとつで、日本では現在、"ルナベル"、"ヤーズ"とよばれる2種類のLEP製剤が主に続発性月経困難症の治療薬として使用されています。
これらを毎日服用することで排卵を抑制し、子宮内膜量および月経時の月経血量を減少させる、月経困難症の症状の改善が期待できます。
28日を治療の1サイクルとし、毎日同じ時間に1錠服用する方法が主流です。

他の治療法に比べての優位性

子宮内膜症子宮筋腫の改善が期待できます。 皮下注射によるGnRHアゴニスト療法と比べ、からだへの負担が少ない治療法です。 使用される薬剤は、アミノ酸が結合したたんぱく質のため、薬そのものによる副作用はないとされています。

実際に治療を受けた方が選択した理由

腹腔鏡手術での卵管切除と子宮内膜症の症状確認も提案されましたが、仕事の都合などですぐに手術には踏み切れず、毎日薬を服用することで生理サイクルも整うとのことで選びました。価格が月に3000円程度だった事も決め手の一つになりました。
一番の決め手は、痛みがなくなったことです。服用から数日して一回目の生理で生理痛がありませんでした。 月経の量も以前と比べて、減ってきて対処がやりやすくなったことです。 生理に伴う憂鬱な感情や食欲不振もなくなり、寝込むこともなく生理中も外出できるようになったことが大きな印象です。 費用も保険適用内で安価でしたので家計にも負担がなくて助かりました。一か月に毎回激しい痛みで、それが当たり前と思っていただけに、解放されていきいきして動けるようになりました
辛かった症状が軽くなり、月経の量も少なくなったこと、保険適用だったので助かったからです。

留意すべきこと

毎日同じ時間に忘れずに服用する必要があります。
血栓症のおそれがあるため、35歳以上で1日15本以上喫煙する方は適用をさけます。
経口避妊薬を飲み始めたころに吐き気や気持ち悪さなどがおこる場合がありますが、継続して使用するうちに症状はおさまる場合が多いです。
一部保険適用ができる場合がありますが、原則自費負担とされるため、薬剤費用が比較的高くなります。服用には医師の処方が必要です。

実際に感じた効果

飲み始めて半年くらいまでは、効果があまり感じられませんでしたが、今は仕事にも普通に行けるようになりました。
トリキュラーを服用し始めて初めの生理からぴったり28日の周期でサイクルが来るようになりました。 出血量もこれまでは大量で、貧血気味になる事もありましたが安定したように思います。 副作用があった最初の一週間ほどは辛かったのですが、その後は生理前も体調を崩す事なく過ごしやすくなりとても助かりました。 約半年間飲み続け、薬の服用をやめてからもこれまでに比べると生理痛はかなり楽になっています。 また不順だったサイクルも、大体28日から31日以内に安定しており定期的にかかっている婦人科でも症状は悪化していないと診断されました。
LEP製剤、ピルを使った治療法に至るまで、内診で子宮の状態、エコー検査、血液検査をします。そのときの結果で ピルが使えるかどうかを判断されます。 コレステロール、体重、肝臓数値、筋腫、がん検査などを経て、ピルが有効であると判断されました。 その経過までは市販の鎮痛剤でやり過ごします。検査は非常に重要で、ピルは肝臓に作用をしてしますので、半年に一度は肝機能検査を義務付けされます。 さらに喫煙をしないかどうか、体重、子供を望むかどうかなどの細かな問診も必要です。 私は、服用から数日で、体が軽くなって、初めての生理で痛みが軽くなり、鎮痛剤をつかいませんでした。 半年後、月経困難症から解放されていきましたが、検査を繰り返しながら、継続して原因となった子宮と直腸の癒着を完治させて、治りました。

副作用と対策

血栓症

血管内に血液の塊ができてしまい、血流が滞ってしまう状態になることがあります。 LEP製剤を服用している期間に、下半身の痛みやむくみ、突然の胸痛、息切れ、喀血、激しい頭痛、目のかすみ、見えなくなるなどの急性の視力障害、黄疸、持続性の頭痛などがおこった場合、血栓症である可能性が高いとされています。

血栓症の症状がみられた場合に医師に相談するようにしましょう。薬の使用を中止したり、適切な処置を行うことがあります。症状が重度の場合、血栓を溶かす薬などによる治療を行うこともあります。

不正出血

性器からの出血がおきることがあります。

一時的な症状であり、飲み続けると徐々に改善するとされていますが、症状がひどい場合は医師に相談しましょう。

吐き気

消化器系へ影響をおよぼし、食欲の低下や吐き気をもよおします。

医師と相談し、吐き気止めの併用や、薬の量の調整などを行いながら服用してください。

アナフィラキシー

発疹や顔面のむくみ、呼吸困難や「ぜーぜー」「ひゅーひゅー」といった喘鳴(ぜんめい)、喘息のような症状、頻脈、血圧低下などが使用中または使用後にあらわれる場合があります。発症には個人差があるとされていますが、使用後30分以内にあらわれる場合が多いとされています。アナフィラキシーは頻度の低い副作用とされていますが、意識の混濁やチアノーゼといったショック症状など、重篤な症状になる場合があるため注意が必要とされています。なかでも、先天性IgA欠損症の方ではこうした過敏反応がおこりやすいため注意しましょう。

症状が比較的軽い場合、足を高くして仰向けで横になるなど安静にし、最低1時間程度は様子をみましょう。少しでも悪化がみられた場合、すみやかに医療機関を受診しましょう。嘔吐がある場合、吐いたもので窒息をおこす可能性もあるため注意が必要です。呼吸器症状や意識障害があらわれた場合では危険な状態とされる可能性があるため早急な対処が必要とされます。また、アドレナリン自己注射薬の筋肉内注射による応急処置もあるとされています。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

吐き気がおさまらず、夜中だけならまだしも昼間もおさまらず、なかなか慣れることができなかった。
飲み始めた初日に軽い吐き気がありましたが、吐きませんでした。二日目で安定して三日目はなにも症状がでませんでした。
週に一度の服用ですが、服用した二日後の夜に激しいめまいがしました。寝ても頭がグルグル回り、起きていても倒れそうになるほどのめまいでした。3週間過ぎるとスッとなくなりました。

費用

1シート(1ヶ月分):2500円~3000円程度

(原則自費負担とされています)

一般的な所要時間

月経困難症の改善が認められれば2~3ヶ月の治療で終了することもあります。
症状が改善されない場合で避妊を希望する間は原則として長期間治療することが可能です。

適用される患者

子宮内膜症が原因の続発性月経困難症の方、治療期間中の妊娠を希望しない方

下記の方は適用をさけましょう。
妊娠中の方、妊娠希望の方、心筋梗塞や脳卒中、血栓症を以前に発症したことのある方、もしくは現在治療中の方、35歳以上で喫煙者の方、血栓症の危険性が高い方、遺伝的に危険性の高いといわれている方、大きな手術を予定している、もしくは最近大きな手術を受けられた方、乳がん、子宮内膜がん、子宮頸がんの方

更新日:2016年10月26日

参照元:(日本産科婦人科学会雑誌Vol.59No.92007年http://fa.kyorin.co.jp/jsog/readPDF.php?file=to63/59/9/KJ00004974362.pdf(閲覧日:2015年11月17日),産婦人科診療ガイドライン婦人科外来編2014日本産科婦人科学会日本産婦人科医会http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/gl_fujinka_2014.pdf(閲覧日:2015年11月17日),現代医療における漢方薬日本生薬学会南江堂2008年,低用量ピル適正使用マニュアル国家公務員共済組合連合会じほう2002年,薬局で買える女性の薬が良くわかる本佐川賢一伊東俊雅法研2009年,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年11月17日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

体験談をさがす

LEP製剤(ホルモン療法、経口避妊薬、低用量ピル、低容量エストロゲン・プロゲステロン配合剤)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす