あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

糖尿病のαグルコシダーゼ阻害薬(α-GI、糖尿病治療薬)の体験談

糖尿病の「αグルコシダーゼ阻害薬」に関する体験談をまとめています

このページでは、糖尿病のαグルコシダーゼ阻害薬(α-GI、糖尿病治療薬)を経験された方の体験談を掲載しています。
ベイスンは毎食前に内服し、食後の高血糖を下げる効果があります。看護師なので食生活は不規則であり、飲み忘れることもしばしばあったので慣れるのが大変でした。 (20代女性)」や「「ボグリボース」の投薬を開始後1日めから、副作用と思われる症状が出ました。馴染んでいく前に辛く苦しくてどうしようもなくて、仕事にも集中出来ないくらいで、良く無いのはわかっているのですが、自己判断でやめてしまいました。 (20代男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-3件目を表示/全3件

αグルコシダーゼ阻害薬(α-GI、糖尿病治療薬)とは

食事により摂取された炭水化物は、小腸酵素(α-グルコシダーゼ)のはたらきにより分解され吸収されますが、そのα-グルコシダーゼの働きを抑えることで、食後の急激な血糖値の上昇をおだやかにします。
「ボグリボース」「アカルボース」「ミグリトール」などを使用します。

αグルコシダーゼ阻害薬(α-GI、糖尿病治療薬)の詳細はこちら

更新日:2017年11月16日