あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

糖尿病の体験談

好きだった運動が好きであり、運動が血糖値安定に有効だったため運動療法に力を入れました。

患者との関係:本人患者:40代女性治療時期:2016年5月
運動療法毎日の筋トレとウォーキング

糖尿病とは

血中の糖分をエネルギーとして利用することができず、血糖値が高くなった結果、さまざまな合併症を引きおこす病気です。からだの中に取り込まれなかった糖が尿中に混ざることから糖尿病とよばれています。心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な合併症を引きおこす危険性がもあります。

糖尿病の症状

満足度

病気が発覚した時は重度の糖尿病でしたので、心臓や網膜に異常があっても可笑しくない状況でした。入院する事によって全て検査をして、運動が可能だとわかったからです。

副作用

治療履歴

2016年5月ヒューマログ投与、運動療法、食事療法

病気と症状について

会社の健康診断で数値もかなり高かったので、今すぐに病院へ行くよう言われました。自覚症状は体重の急激な減少と足の痙攣でした。そのほかの多尿や多飲という症状は特にありませんでした。診断の結果は当時重度の糖尿病と診断されました。

参考:糖尿病にかかった他の人の症状は...?

ものが歪んで見える様になり、目の病気なのかと心配していた時に...

(続きを読む)

60代男性の家族(この人の治療体験)

メンタルな面で落ち込み、食事ができない状態が続いたので、一応...

(続きを読む)

糖尿病にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ運動療法を選んだか

好きだった運動が好きであり、運動が血糖値安定に有効だったため運動療法に力を入れました。

参考:他の人が運動療法を選んだ理由は...?

運動療法なら、食後に30分歩く事だけから始めれるので続けてい...

(続きを読む)

薬は定期的に飲んでいたが、運動量に応じて、大目に運動を行った...

(続きを読む)

他の人が運動療法を選んだ理由をもっと読む

運動療法とは

体内の糖分や脂肪を燃焼させる方法です。からだへの負荷が大きすぎると逆効果なので、無理をしない程度の運動を食後の1~2時間後に行いましょう。
運動量の基準としては少し汗ばみ、隣の人とラクに会話ができる程度が適切であるといわれています。

「運動療法」の概要

運動療法の効果について

入院期間は毎日午前午後にリハビリというなのきつめのトレーニングをし、今では落ちていた筋肉も大分復活してきました。

参考:他の人が感じた運動療法の効果は...?

食事療法。 最初に二週間は食事療法は結構大変でした。炭水化...

(続きを読む)

特に夏場や汗をかく時期のほうが、血糖値も低下傾向にある様子で...

(続きを読む)

他の人が感じた運動療法の効果をもっと読む

治療期間

入院期間:2週間

治療に関する費用

あらゆる検査をして運動が可能かどうか調べる必要があったので、2週間の教育入院10万円

副作用について

副作用はありませんでした。

参考:他の人が感じた運動療法の副作用は...?

たまに、低糖を心がけてるので、炭水化物がすごく食べたくなる時...

(続きを読む)

特になし。...

(続きを読む)

他の人が感じた運動療法の副作用をもっと読む

糖尿病を患っている方へのアドバイス

糖尿病は上手に付き合えば怖くない病気ですし、いくらでも改善することが可能です。ですが自己流での食事や運動はとても危険を伴います。健康診断などで数値が心配な方は1日でも早く、医師の診断を受けることをお勧めします。

参考:糖尿病を経験した他の人のアドバイスは...?

糖尿病になって一番の心配は毎日の食事制限が辛いという所だと思...

(続きを読む)

60代男性の家族(この人の治療体験)

今まで確かに運動は少なかったと思います。それを心配して季節や...

(続きを読む)

糖尿病を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年11月08日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる