あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

糖尿病の体験談

好きだった運動が好きであり、運動が血糖値安定に有効だったため運動療法に力を入れました。

患者との関係:本人患者:40代女性治療時期:2016年5月
運動療法毎日の筋トレとウォーキング
満足度

病気が発覚した時は重度の糖尿病でしたので、心臓や網膜に異常があっても可笑しくない状況でした。入院する事によって全て検査をして、運動が可能だとわかったからです。

副作用

治療履歴

2016年5月ヒューマログ投与、運動療法、食事療法

病気と症状について

会社の健康診断で数値もかなり高かったので、今すぐに病院へ行くよう言われました。自覚症状は体重の急激な減少と足の痙攣でした。そのほかの多尿や多飲という症状は特にありませんでした。診断の結果は当時重度の糖尿病と診断されました。

なぜ運動療法を選んだか

好きだった運動が好きであり、運動が血糖値安定に有効だったため運動療法に力を入れました。

運動療法の効果について

入院期間は毎日午前午後にリハビリというなのきつめのトレーニングをし、今では落ちていた筋肉も大分復活してきました。

治療期間

入院期間:2週間

治療に関する費用

あらゆる検査をして運動が可能かどうか調べる必要があったので、2週間の教育入院10万円

副作用について

副作用はありませんでした。

糖尿病を患っている方へのアドバイス

糖尿病は上手に付き合えば怖くない病気ですし、いくらでも改善することが可能です。ですが自己流での食事や運動はとても危険を伴います。健康診断などで数値が心配な方は1日でも早く、医師の診断を受けることをお勧めします。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年11月08日
気になる点を報告

糖尿病について実際に質問してみる

糖尿病の体験談をもっとさがす

運動療法の体験談

治療法ごとに体験談をさがす