あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

αグルコシダーゼ阻害薬(αGI薬)糖尿病

概要

糖の分解を抑制することで、消化や吸収のスピードを遅らせる作用のある飲み薬です。

他の治療法に比べての優位性

食事後高血糖など軽度な2型糖尿病の方には、αグルコシダーゼ阻害薬単独の投与で効果があるため、服用の負担が少ないです。

実際に治療を受けた方が選択した理由

食事療法が一番身近で、取り入れ易い治療方法だったので選択しました。

50代男性の家族(この人の治療体験)

経過観察の過程で、医師の判断に任せました。 薬がどこにどう作用して、どんな効果が得られるのかまでの知識はなかったので、専門である医師に任せて様子を見ていくしかないと思ったので。

留意すべきこと

食事療法、運動療法の継続が必須となります。

実際に感じた効果

まず、ご飯の量を少しずつ減らしていきました。食事も油ものは控え、和食中心の薄味にしました。小鉢で少しずつおかずを入れ、ゆっくり食べて満腹感を出しました。現在は正常とまではいなかいでも、かなり血糖値が下がっています。

50代男性の家族(この人の治療体験)

αグルコシターゼ阻害薬の「ボグリボースは、糖の消化・吸収を助けるαグリコシターゼとう酵素を阻害し、腸からの吸収を穏やかにする薬で、主に食後血糖値が高くなってしまう人のためのお薬だそうです。副作用としては、腹部膨満感、おなら、下痢、低血糖だそうです。 「ボグリボース」の投薬を開始後1日めから、副作用と思われる症状が出ました。 医師は「徐々に身体が慣れていくから」と言っていましたし、それでHbA1cが下がって行くなら…と受け入れましたが、馴染んでいく前に辛く苦しくてどうしようもなくて、仕事にも集中出来ないくらいで、良く無いのはわかっているのですが、自己判断でやめてしまいました。

副作用と対策

肝機能障害

薬の代謝時に肝臓に負担がかかることで肝機能が低下し、吐き気、嘔吐、腹痛、全身倦怠感、食欲不振、黄疸などの症状があらわれることがあります。

症状があらわれた場合はすぐ医師に報告しましょう。投薬の中止や食事療法によって対処し、軽度場合は徐々に回復しますが中等度以上のものは入院した上で治療を行います。

低血糖

血液中の血糖値が低くなり、脱力感、ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、昏睡などの症状があらわれることがあります。

まずは経過を観察しますが、症状が重い場合はすぐに糖分を補給するなどして、血糖をコントロールすることがあります。

黄疸

肝機能が低下しビリルビンという色素が血液中に増加することで、皮膚や眼球の白目などが黄色みを帯びることがあります。

症状があらわれた場合は、医師に報告しましょう。投薬の継続を検討します。また肝機能を回復させて黄疸症状が和らぐように対処します。

腸閉塞

腸の中がつまり、激しい腹痛、吐き気や便秘、発熱などがおこります。

多くは絶食を行うことで症状がおさまりますが、薬物治療で対処することもあります。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

食事の量を減らしたので、少し体力が落ちてしまいました。糖に変わらないものを間食したりしました。

50代男性の家族(この人の治療体験)

投薬開始後1日目から、腹部膨満感であるお腹(腸)が張って張って仕方がなかったです。 きちんと便通はあるのですが、便秘の時のような感じでずっと張っていて、でも結局中身はガスなので、仕事中もおならがしたくてしたくてたまらず、何度もトイレにかけこんでいました。 常に膨満感が続いていたので、食事の時間になってもあまり空腹感が無く、そのために食事量は減った気がしました。

費用

1ヶ月:2,000~6,000円前後 ※使用する薬によって上記の値段が左右されます。

(3割負担の保険適用時 ※一部保険が適用されないものもあります。)

実際にかかった費用

月に10000円位です。

50代男性の家族(この人の治療体験)

チアゾリジン薬「アクトス」:(朝晩1日2回、1回1錠)1か月約3000円 αグルコシターゼ阻害薬「ボグリボース」:(朝晩1日2回、1回1錠)1か月約2000円 BG薬「メトグルコ」:(朝昼晩1日3回、1回1錠)1か月約1000円 SGLT2阻害薬「スーグラ」:(朝1日1回、1回1錠)1か月約2000円

一般的な所要時間

長期間の継続が必要です。

適用される患者

食事療法および運動療法、インスリン製剤による治療で十分な効果が得られなかった2型糖尿病の方

下記の方は適応をさけましょう。
重症ケトーシスの方、重症感染症の方、手術前後など外傷がある方

更新日:2016年10月26日

参照元:(科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2013一般社団法人日本糖尿病学会南江堂2013年,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

αグルコシダーゼ阻害薬治療について、実際に質問してみる

体験談をさがす

αグルコシダーゼ阻害薬(αGI薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす