あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

強膜バックリング法(強膜内陥術)網膜剥離(裂孔原性網膜剥離、非裂孔原性網膜剥離)

概要

眼球の外側にシリコンスポンジを縫いつけて、眼球をへこませることで網膜を正常な位置に戻します。その後、網膜裂孔のまわりを固めてふさぎます(冷凍凝固)。
網膜の下にたまった液体が多い場合には、強膜側から針のような穴を開けて外に出します。

他の治療法に比べての優位性

網膜光凝固術では治療することができない網膜剥離の方に行われます。 術後のうつ伏せなどの体位制限はない場合が多いです。

実際に治療を受けた方が選択した理由

進行具合により手術法がいろいろありましたが、私の場合は今のところそれほど進行していない、今なら強膜バックリング法の手術ができるから…(それ以上進んでしまうと硝子体手術などをしないといけないそうです)とのことで、その方法一択でした。
私の場合、早期発見で裂け目もそこまで大きくなかったため視力や見え方等への影響が最も軽いこの治療法がベストだと医師より伝えられたから。

留意すべきこと

眼球に負担がかかり、出血をおこすことがあります。
少なくとも術後1ヶ月間は、疲れない程度に目を使用する必要があります。
また、入院中は散瞳薬を点眼するために、目が見えにくくなる場合があります。

実際に感じた効果

手術直後は痛みや視力の激しい低下などがあったようですが、退院する頃には痛みもなく、徐々に視力も戻ってきたようです。

20代男性の家族(この人の治療体験)

副作用と対策

眼内炎

手術した箇所に細菌などが入りこみ、眼球内に炎症をおこすことがあります。また稀ですが、進行すると眼球を溶かしてしまうことがあります。

至急、抗菌薬を投与する必要があるため、医師に相談しましょう。

出血

手術により、眼の中を傷つけ出血する場合があります。また、手術により目に傷が残り、充血しやすくなる場合があります。

出血がひどい場合、再手術を検討する場合があります。また、充血や違和感がある場合、数ヶ月で目立たなくなることが多いとされますが、症状がおさまらない場合は医師に相談しましょう。

角膜障害

手術により眼圧が上がり、角膜を傷つける場合があります。

点眼薬や内服薬で対処していきます。

まぶたの異常

手術で目を刺激するため、まぶたに腫れやまぶたが上がりにくいなどの症状が出る場合があります。

一時的な症状とされ、放置していても、数ヶ月で目立たなくなることが多いですが、腫れがひどい場合は炎症を抑える点眼薬を使用することがあります。

近視、乱視

目に刺激を与え変形をおこすことから、近視や乱視が進むことがあります。

眼鏡やコンタクトによる視力矯正が一般的です。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

術後はひどい充血が続きましたが数日でよくなりました。 医師からは後遺症として重度の乱視が残るかもと言われました。 実際、乱視は残りましたが、手術直後よりは良くなっています。
術後一月くらい経ち、視力はほとんど戻りましたが、右目が乱視となり、その後その症状は残っています。
術後1週間は、散瞳薬のせいもありまぶしくて日中は目も開けるのも困難で運転も難しかったです。 その後、まぶしさは徐々に収まって来たものの視力はやはり以前よりは低下していました。 術後2ヶ月経過しましたが、まだ視力は完全に回復はしていません。 しかし術後よりは、だいぶ見えるようにはなりました。

費用

200,000~300,000円

(3割負担の保険適用時 )

一般的な所要時間

入院期間:2週間程度
手術時間:2~3時間

適用される患者

すべての網膜剥離の方

下記の方は適用について医師に相談しましょう。硝子体から出血がある方、麻酔にアレルギーがある方

更新日:2016年10月26日

参照元:(飛蚊症と網膜剥離なぜ・どうする日本眼科医会http://www.gankaikai.or.jp/health/38/(閲覧日:2015年11月11日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年11月26日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

他の治療法をさがす

強膜バックリング法以外の治療法をさがす

強膜バックリング法と他の治療法を比較してみる

体験談をさがす

強膜バックリング法(強膜内陥術)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす