あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

認知症(アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭葉側頭葉変性症)で「ドネペジル塩酸塩」による治療を受けた理由

更新日:2017年05月10日

このページでは、認知症のドネペジル塩酸塩を選択した方々の、その治療法を受けることになった理由についてまとめています。

1-29件目を表示/全29件
  • 認知症の症状がでてすぐから服用していたのですが、レビー小体型と診断されてから、倍量に増えました。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • アリセプト錠の5mmより、安価なためジェネリック医薬品を希望しました。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 飲み始めて特に変化なく、副作用もなかったため5mgに増量することにした。増量してから元気が出て家の掃除などを積極的に始めた。

    70代以上男性の家族(この人の治療体験)

  • 認知症に関しては、残念ながら進行を遅らせるお薬しか、まだ開発されていません。少しでも自分らしさを保っていて欲しいと思ったため、効果が得られると思われた治療薬の服用を選びました。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 気持ちが沈んで無気力になっているときドネペジル塩酸塩5mgに変更したところ、一時的にではあるが少し明るくなったように思ったため。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 父親がMRI検査をするのを拒否した為に、認知症の専門医にカウンセリングだけでもいいだろうと思い、月に23回通院しました。

    70代以上男性の家族(この人の治療体験)

  • 飲み始めの時は変化が見られなかったが数か月経つと、明らかに物忘れが減って表情も以前より明るくなってきたから

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • どれくらいの効果がある薬なのか、わかりませんでしたが、一人暮らしで普段過ごしている祖母にはきちんと決められた用法用量を飲む、ということが出来ていたのかも疑問でした。通院の際にもっとできる治療があれば良いのに、と感じました。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 薬は何を飲んでいたか分かりません。すみません

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 内服を始めてからしばらくは認知症状が進行していないように思えたから。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 認知症が完全に治る薬ではないことは医師から聞いていましたが、飲むことにより精神的に安定し、暴力行為などが減りました。ジェネリック薬品ということで費用も安かったです。

    70代以上男性の家族(この人の治療体験)

  • ドネペジル(アリセプト)服用しか選択肢がなかった。まずは症状の急激な進行を抑えるためにドネペジルの服用を選択しました。

    60代女性の家族(この人の治療体験)

  • 認知症事態軽度な状態で、現在日常生活において大きな支障はなく他者に迷惑もかけていない状態なので、自宅で日中過ごせています。そんな状態ですので、投与以外の治療は特別していません。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 初期より処方され、とくに性格変化などの兆候も見られなかったため現在も継続して続けています。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • おかしなことを言うことはあったが、優しい印象の祖母が明らかに鬱症状になり笑うこともトイレに行くこともできなくなっていた。治療をするつもりが悪くなってしまったため、とても印象に残っている。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • アルツハイマーの進行を遅らせる薬としてアリセプトを服用開始することにより、本人も家族も安心できたからです。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • この時代はまだ、認知症にこのお薬しかありませんでした。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • その時代では、認知症に効く唯一の内服薬だったので。 普段から血圧の薬など、たくさんの薬を内服していたので1種類くらい増えてもいいと思ったから。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • その当時その選択肢のみしか知らなかったためと、一般的な薬剤だったため

    70代以上男性の家族(この人の治療体験)

  • 母の症状を説明して、その時々で薬を試しました。 睡眠剤で眠れるようになり幻覚は無くなったため、血流の薬に切り替えてもらうなど、症状次第です。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • とても自尊心が強い人だったので、リハビリなどは本人がとても嫌がりました。 バカにしてるのか、と暴れることもあったために、薬の治療を決めました。

    70代以上男性の家族(この人の治療体験)

  • 初診時はアリセプト服用しか選択肢はなかったと思います。その後、回想法などの治療法を知ったが、通院できる範囲で治療を行っている施設がありませんでした。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 30年以上通院してる内科の主治医の指示で薬物療法を言われてそれに従いました。医師を信頼してるので。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 医師から勧められたためです。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 医師からの薦め

    70代以上男性の家族(この人の治療体験)

  • 医師の勧めに従いました。

    70代以上男性の家族(この人の治療体験)

  • 医師の診断です。私に治療法の知識はありません。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 認知症についてまったく知識もなく、どんな治療があるのかも知らなかったので、医師にこの治療をしていきましょうと言われ、それに従った。

    70代以上男性の家族(この人の治療体験)

  • 選択したと言うより、医師から処方されました。アルツハイマーに対する第一選択薬は当時ドネペジルでしたし、それ以外の薬剤もあるにはありましたが、ドネペジルが合わない場合に使う、という感じでした。選択の余地があまりありませんでした。

    70代以上男性の家族(この人の治療体験)

もっと読む