あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

認知症(アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭葉側頭葉変性症)で「ドネペジル塩酸塩」による治療を受けた方が感じた効果

更新日:2017年05月10日

このページでは、認知症のドネペジル塩酸塩を選択した方々の、どのようにして治ったのか?現在の状況はどうなのか?その治療は痛かったのか?などといった、治療中から治療後に至るまでの治療の効果とその感想に関する体験が経過に沿ってまとめられています。

1-29件目を表示/全29件
  • 幻視が激しく、動き回ったり、夜も寝ずに、叫んだりしていたようです。 不穏時は、怒ったり、人をたたいたりもありました。 その後、少し落ち着いてきました。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 現在は、介護施設におります。提携の病院でドネペジルは処方されないため、まもなく服用を停止します。飲み続けるとしても、効果が続かなくなっているように見えるため、量を増やす必要があるのではないかと思います。そうすると、ますます薬の効いている時と効いていない時の落差が広がる恐れがあると思います。介護施設に入所するまでの時間稼ぎには、大いに役に立ってくれましたが、今後は介護のプロに任せておかしいなりに過ごしてもらうつもりです。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 随筆の仕事をしていたが書類が山のように積み重なっており片付ける事がまったくできなくなっていたが、薬を服用するようになり、手を貸せば少しづつ片付けたり書いたりするようになった。

    70代以上男性の家族(この人の治療体験)

  • ドネペジルの服薬とあわせて、受診の際に、昔のことを思い出して話をするという回想法を取り入れてくださいました。昔のことを話している時は、とても生き生きしており、まるで認知症など無いようにも思えるほどきちんと話をしてくれていました。回想することで、脳の活性化が図れるようです。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 最初に認知症と診断されたときに、ドネペジル塩酸塩は性格が攻撃的になることがあるという医師からの説明でガランタミン臭化水素酸塩を2年ほど服用しましたが、あまり効果を感じられずにドネペジル塩酸塩に変更しました。当時、無気力になりつつありましたが、少し改善されたようにも思います。 その後も症状は進んでいるため、実際の効果はわかりませんが、認知症と診断されてから4年たった今もできる範囲の家事は自分でやっています。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 専門医の先生とお話ししている父親の姿を見ると、とてもにこやかにお話ししている父親の姿は、家の中では気が狂ったようにゴミをはさみで切り刻んでいたので。

    70代以上男性の家族(この人の治療体験)

  • 最初は薬の副作用が出るかどうかの確認で効果が見られる量より少ない3mgから始めると言われ、7日後に行くと副作用が強くなさそうなんで効果が期待できる5mgに増量すると言われました。 それでも変化がなかったら10mgに増量することもあると言われましたが、5mgで効果がみられたのでそのまま量の変化はないです。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 薬を処方され、しばらく過ごしていましたが、特に改善は見られず。一人でいるのが心配、という事で介護付き老人ホームへと行くことになりました。老人ホームでは他の入居さんやスタッフさんなど人がいっぱいいるので、話好きな祖母には良い環境だったようです。家族名前はどんどん忘れていっていますが、楽しそうに過ごしているので、それはそれで良いのかな、と今では思っています。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • やっぱり家族が関わって穏やかに1日を過ごせることが何よりもいい治療、いい薬になると思います。 家で家族といることが何よりも…

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 現在は入院中より認知症状が落ち着き、夜間奇声を出したり、危険な行動をすることなく過ごしています。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • この薬は完治することが目的な薬ではなく、認知症の進行を遅らせる薬ですと医師から説明がありました。 実際、認知症状が改善したとは思いませんが、本人の精神状態が安定したことは間違いありません。

    70代以上男性の家族(この人の治療体験)

  • 初期の段階で投薬を開始したので、緩やかに進行していると思います。ただ、若年性であるために投薬では進行を抑えられない部分もあり、これでよかったのか。。。と考えることもたくさんあります。 現在は、寝たきりではありませんが全介助が必要な状況です。お薬が効くより、進行のほうが早かったです。

    60代女性の家族(この人の治療体験)

  • 以前と変わらない状態。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 初めは半信半疑でしたが、飲み始めてから探しものもや物忘れも減り、考えて思い出せるようになりました。現在では受診前の正常な状態に近いくらいに不便なく生活出来ています。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 2013年10月 服薬を開始 2013年10月 せん妄などの副作用が現れる 2013年11月 身の回りのことができなくなるなど、治療開始前よりも状況が悪化する 2013年12月 治療を中止して老人ホームへの入所を進める 2013年12月 ヘルパーを利用して一人暮らしを開始 自分のことができるようになるが、薬の管理はできない 2014年9月 介護認定3がおり、老人ホームへ入所 2016年現在 ゆるやかに進行しており、写真などでは家族がわからなくなるが、対面するとわかる

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • アリセプトは認知症の進行遅らせるということで、家族は飲み忘れに注意して毎日きちんと飲むと効果があると信じていたため、物忘れは進みましたが、最後まで穏やかにきちんと意識もあり、食べることもできたので、進行はゆっくりだったと信じています。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 劇的に効いたかというと、その後も認知症の症状は進んでいったのでよくわかりませんが、発作のように攻撃的になる症状は飲み始めてからは起こりませんでした。 その後、徘徊も始まったため施設に入りましたが、穏やかなおばあちゃんだったためか施設でも大切にしていただき、ほかに病気がなかった祖母はアリセプトを飲んで7年後に老衰でなくなりました。それまで7年間アリセプトは飲み続けていました。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • その頃は認知症の薬はアリセプトしかなかった。 私はたまにしか祖母に会わなかったが、効いている感じがしないように思えた。 結局、亡くなる直前まで内服しました。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 治療の効果はあまりなく 少しずつわからなくなることが増え、暴力的になり身近な介護者に あたるため家での介護ができなきなりグループホームに入所することになる

    70代以上男性の家族(この人の治療体験)

  • 徘徊と幻覚症状に対してデジレルとドネペジルを処方され、症状が安定したので画像診断を行いました。 ○○型との診断が付きにくいとのことで、現在はバイアスピリンのみ服用しています。 人が区別でき会話が出来る時と、話しかけても全く無反応なときとあります。 デイサービスは2か所を使っていますが、母は区別出来ていないようです。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • はじめのうちは、少し穏やかになったというか、暴れることは無くなったのですが、2ヶ月もすると元に戻りました。

    70代以上男性の家族(この人の治療体験)

  • 半年に1回程度、脳のCTのチェックがありますが、そんなに進行していないということで、同じ治療を続けています。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 認知症の薬を飲むようになってから、夜になると家に帰ると荷物を片付けたりしなくなりました。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 内服薬導入から半年で実感されました。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 症状の進行は見られ、近頃では家族以外にも認知症である事を感じ取られるようになっている。が検査レベルでは進行しておらず現状維持となるそうで、またネットなどで調べても今現れている症状は初期症状の内のようなので、治療の効果でゆっくりした進行なのかもしれません。

    70代以上男性の家族(この人の治療体験)

  • 特に治療といっても、医の問診と薬を飲むだけの治療をしていません。

    70代以上男性の家族(この人の治療体験)

  • 認知症の進行を遅らせる効能があるようですが、服用してみて、実際には多少効果があったかなと思われます。

    70代以上女性の家族(この人の治療体験)

  • 目に見えて良くなるということはなくゆるやかであるが、今も薬を飲み続けているので、結果的には認知症の進行を遅らせることになっていると思う。

    70代以上男性の家族(この人の治療体験)

  • 効果はほとんど無しです。と言うより、アルツハイマーは進行性の病気であり、ほとんど改善することはありません。効果としては進行を遅らせるということしか通常は期待できないのです。なので、進行していなければ効果があるとみなします。そういう意味では薬を飲んでいたおかげで、進行は緩やかだったのかもしれません。しかし、同じ人間で薬を飲んでいない状態を比べることができない以上、これは立証は不可能と言わざるえません。

    70代以上男性の家族(この人の治療体験)

もっと読む