あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

認知症の髄液シャント術の体験談

認知症の髄液シャント術に関する体験談のみんなの体験をまとめています

このページでは、認知症の髄液シャント術を経験された方の体験談を掲載しています。
術後に歩行障害が明らかに改善されました。失禁も改善するケースもあるようですが、父の場合はほとんど改善は見られませんでした。 (70代以上男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-1件目を表示/全1件

髄液シャント術とは

皮下にチューブを埋め込み
、過剰にたまってしまった脳脊髄液を他の体腔へ流すことによって阻害されていた脳の機能を回復する手術です。
方法は3つあり、脳室-腹腔シャント(V-P)、腰椎-腹腔シャント(L-Pシャント)、脳室-心房シャント(V-A)があります。どの方法でも同じ効果を期待することができます。

髄液シャント術の詳細はこちら

更新日:2016年06月01日

髄液シャント術以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす