あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

認知症(アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭葉側頭葉変性症)の認知リハビリテーションの体験談

認知症(アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭葉側頭葉変性症)の「認知リハビリテーション」に関する体験談をまとめています

このページでは、認知症の認知リハビリテーションを経験された方の体験談を掲載しています。
担当の医師が、レビー小体認知症は薬に過敏に反応するので、症状を抑えるために使った薬が逆に手の震えや歩くことが出来なくなるなどの症状になるという詳しい説明をしてくれて、薬を飲むことの危険性を指摘されました。 薬を少しずつはずしていって、先生との会話や身体のリハビリを中心に治療していくことを話され、先生の専門的な知識が決め手でした。 (70代以上女性)」や「家にいてはぼーっとしていたりテレビを見ていたり何もやることがありませんでしたが、デイサービスでは仕事を任されておこなうようになってからは家での会話も増え表情が明るくなりました。 (70代以上女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-30件目を表示/全31件

認知リハビリテーションとは

音読、書き取り、ドリルなどを行なうことで認知機能が高まると期待されています。脳の活性化につながります。

認知リハビリテーションの詳細はこちら

更新日:2017年01月30日

認知リハビリテーション以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

他に経験した治療法から体験談をさがす