あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

認知症(アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭葉側頭葉変性症)のガランタミン臭化水素酸塩(抗認知症薬、コリンエステラーゼ阻害薬)の体験談

認知症(アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭葉側頭葉変性症)の「ガランタミン臭化水素酸塩」に関する体験談をまとめています

このページでは、認知症のガランタミン臭化水素酸塩(抗認知症薬、コリンエステラーゼ阻害薬)を経験された方の体験談を掲載しています。
やはり、介護する母親の疲労が心配で施設にお願いすることになりました。 (70代以上女性)」や「いろいろ独自で調べた結果、薬に対する耐性が生じにくく、症状によっては長期にわたって服用できるとのことでしたので、決めました。 (70代以上男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-4件目を表示/全4件

ガランタミン臭化水素酸塩(抗認知症薬、コリンエステラーゼ阻害薬)とは

コリンエスレラーゼという脳内のアセチルコリン分解酵素の働きを阻害し、脳内のコリン作動性神経系の働きを向上させる方法です。ニコチン性アセチルコリン受容体に対する増強作用を併せ持ち、アルツハイマー病における認知症症状の進行をおさえます。

ガランタミン臭化水素酸塩(抗認知症薬、コリンエステラーゼ阻害薬)の詳細はこちら

更新日:2016年06月28日