あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

認知症(アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭葉側頭葉変性症)の体験談

アリセプト錠の5mmより、安価なためジェネリック医薬品を希望しました。

患者との関係:家族患者:70代以上女性治療時期:2016年4月
ドネペジル塩酸塩ドネぺジル塩酸塩OD錠5mgアメル

認知症とは

脳細胞の働きが鈍くなったり、細胞自体が死んでしまったりといった変化によっておこる症状です。歳相応の度合いをこえて知能、記憶、状況把握能力、判断力が低下し、生活に支障をきたす状態が6ヶ月以上継続したものをさします。かつては痴呆症とよばれていました。

認知症の症状

満足度

服用時は、穏やかで家族の精神的負担を軽減できた。

副作用

治療履歴

2016年4月から2週間アリセプト錠3mmを服用吐き気が出ないか、効きすぎて異常が出ないかをチェック
2016年4月ドネぺジル塩酸塩OD錠5mgアメルを継続中

病気と症状について

もともと物忘れが多いタイプでした。まず調理ができなくなり、日時が覚えられなくなりました。認知症かな?と思い始めたのは、父を亡くしてから。幻覚、幻聴があるにも関わらず本人は幻とは、思わないので家族が取り合わないと、『聞いてくれない』と不満を言い続けました。夜中でも不安なことがあると、家族を起こしにきました。自分の気がすむまで話し続け、最後は何を言いたかったのかわからなくなりました。一人では、食事をすることを忘れてしまい、薬の管理が必要になりました。起きた時に、自分の居場所がわからなくなり、家の中を歩き回るようになりました。電化製品の使い方がわからなくなり、使うたび説明を求められました。おしゃれが好きだったのですが、衣服を構わなくなりました。着る順番や季節感もだんだんおかしくなってきました。常に探し物をしていて、片付けるつもりで、しまった場所がわからなくなりました。留守番ができなくなり、常に家族の後を追いかけるようになりました。この時点で内科の主治医が認知症の疑いありとのことで、MRIを撮りました。海馬のところが特に萎縮が進んでいて、認知症との診断が下りました。専門医を紹介され、治療薬を服用しました。認知症にまちがいないが、アルツハイマーなのかレビー小体型なのかは調べることもないと言われました。薬を飲んで数時間は、思考がクリアになり少し改善が見られることもあり、自発的に家事も行うことができました。しかし、夕方以降は効果が減少するためか、言動がおかしくなることがよくありました。自分のベッドを見て、人の布団しかないから寝るところがないとか、自宅にいることがわからなくなり、ここの責任者は誰か?何かあったら誰に言えばいいのかと常に気にしました。短期記憶もだんだん失われ、実家にいた頃の記憶で話をするようになってきました。

参考:認知症にかかった他の人の症状は...?

だんだんと同じ事を繰り返し話すようになり、物忘れもひどかった...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

私の祖母が認知症を発症しました。初期症状としては、まだ使い切...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

認知症にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜドネペジル塩酸塩(抗認知症薬、コリンエステラーゼ阻害薬)を選んだか

アリセプト錠の5mmより、安価なためジェネリック医薬品を希望しました。

参考:他の人がドネペジル塩酸塩を選んだ理由は...?

初期より処方され、とくに性格変化などの兆候も見られなかったた...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

おかしなことを言うことはあったが、優しい印象の祖母が明らかに...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

他の人がドネペジル塩酸塩を選んだ理由をもっと読む

ドネペジル塩酸塩とは

コリンエスレラーゼという脳内のアセチルコリン分解酵素の働きを阻害し、脳内のコリン作動性神経系の働きを向上させる方法です。アルツハイマー病における認知症症状の進行をおさえます。

「ドネペジル塩酸塩」の概要

ドネペジル塩酸塩(抗認知症薬、コリンエステラーゼ阻害薬)の効果について

現在は、介護施設におります。提携の病院でドネペジルは処方されないため、まもなく服用を停止します。飲み続けるとしても、効果が続かなくなっているように見えるため、量を増やす必要があるのではないかと思います。そうすると、ますます薬の効いている時と効いていない時の落差が広がる恐れがあると思います。介護施設に入所するまでの時間稼ぎには、大いに役に立ってくれましたが、今後は介護のプロに任せておかしいなりに過ごしてもらうつもりです。

参考:他の人が感じたドネペジル塩酸塩の効果は...?

初めは半信半疑でしたが、飲み始めてから探しものもや物忘れも減...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

2013年10月 服薬を開始 2013年10月 せん妄...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じたドネペジル塩酸塩の効果をもっと読む

治療期間

介護施設へ入所が決まるまでの三ヶ月間服用

治療に関する費用

通院、投薬一ヶ月分470円

副作用について

服用中、不定期に異常な発言があった。服用前と同じ状態のこともありました。飲んでいる時と、薬が切れた時の落差が広がっていくように感じられました。

参考:他の人が感じたドネペジル塩酸塩の副作用は...?

副作用はなかった。...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

服薬を開始してすぐからせん妄や鬱症状、身の回りのことができな...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じたドネペジル塩酸塩の副作用をもっと読む

認知症を患っている方へのアドバイス

我が家は、認知症が進んでしまってから治療に入ったので、治る見込みもなく、良くて現状維持となりました。
可能な限り、早く検査を受けてもらい入り口で食い止めるのが一番だと思います。
認知症の介護は、家族の負担が大きく、外からは理解されにくいので精神的負担が増えるばかりです。極力ケアマネージャーなどプロの方に相談し、親切心からの素人のアドバイスはあまり聞かないことをお勧めします。経験のない人には、励まされるほど家族は傷つきます。
本人さんには、説得は逆効果なので、話の内容にとらわれず適当に聞いて、さらりとお付き合いするのがいいようです。真面目に取り合って、解決しようとしても、必ずしも要求通りではありません。

参考:認知症を経験した他の人のアドバイスは...?

認知症は本人だけでなく、家族も理解を深め、治療を決定していか...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

この薬は体質に合う方と会わない方がいるも思いますので、リスパ...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

認知症を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年01月30日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

認知症の体験談をもっとさがす

ドネペジル塩酸塩(抗認知症薬、コリンエステラーゼ阻害薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす