あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

認知症(アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭葉側頭葉変性症)の体験談

体に副作用がなく、脳の認知度の低下を防ぐ為に、話す事は良かったです。看護士さんにも、入院したての頃は、暴言を吐いていたようですが、薬との併用で落ち着き、暴言はなくなりました。

患者との関係:家族患者:70代以上女性治療時期:2004年6月

認知症とは

脳細胞の働きが鈍くなったり、細胞自体が死んでしまったりといった変化によっておこる症状です。歳相応の度合いをこえて知能、記憶、状況把握能力、判断力が低下し、生活に支障をきたす状態が6ヶ月以上継続したものをさします。かつては痴呆症とよばれていました。

認知症の症状

満足度

薬との併用が良かったとは思いますが、遠い昔の思い出と現実と空想の世界が、ごちゃ混ぜだったので、話していて、訳がわからなくなる事が多かったです。しかし、しっかり聞いてあげないと怒るし、聞く側は、結構辛かったです。
辛いけれど、話をさせてあげる事で、脳の活性化にはなったと思うので、結果としては良かったかもしれません。

副作用

治療履歴

2004年に入院してから、ありとあらゆる薬を飲んでいた為、どのような薬を飲んでいたというデータはありません。ただ、看護士さんや主治医が定期的に話しかけて、記憶が消えていくのを防いでいましたし、父も定期的に話しかけていました。いわゆる、認知リハビリテーションです。

病気と症状について

私(孫でその当時同居)が結婚する前からいきなり暴れたり、「ご飯はまだか!早くよこせ」と暴言を吐き、特に母に厳しく暴言を吐いていました。でも、静かな時もあったので、判断が付きづらく、なんとか結婚式で暴れる事なく、無事に終わったのですが、2ヶ月後、里帰りした時に、帯状疱疹にかかってから、異常行動を始め、母にばかり暴言を吐いたり、うんちを手で至る所に擦りつけ、拭いても拭いても繰り返し、父が慌てて、かかりつけ医に連れて行ったのですが、明らかな認知症だという事で、すぐに、白井病院を紹介してもらい、検査の結果、明らかな攻撃型な認知症である事がわかりました。
攻撃型という事で、今迄の経過から、家での介護は難しい為、隔離病棟に入りました。

参考:認知症にかかった他の人の症状は...?

私の祖母が認知症になり2012年10月に亡くなりました。94...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

日付が覚えられなくなり、休みだと言われている病院に何度も行く...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

認知症にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ認知リハビリテーションを選んだか

体に副作用がなく、脳の認知度の低下を防ぐ為に、話す事は良かったです。看護士さんにも、入院したての頃は、暴言を吐いていたようですが、薬との併用で落ち着き、暴言はなくなりました。

参考:他の人が認知リハビリテーションを選んだ理由は...?

80代後半で体力も衰え、他の病院に行く気もなかったし、デイサ...

(続きを読む)

70代以上男性の家族(この人の治療体験)

薬は医師の進めがありのむようし、デイサービスは、ケアーマネー...

(続きを読む)

70代以上男性の家族(この人の治療体験)

他の人が認知リハビリテーションを選んだ理由をもっと読む

認知リハビリテーションとは

音読、書き取り、ドリルなどを行なうことで認知機能が高まると期待されています。脳の活性化につながります。

「認知リハビリテーション」の概要

認知リハビリテーションの効果について

一時暴れて、ベッドに拘束され、それでも暴れたので、独房にような特殊病棟に入りましたが、薬との相性が良くなってからは、隔離病棟ではありますが、ある程度自由に動ける病棟に移動したので、看護士さんや主治医と話す機会が増え、脳の活性化には良かったようです。
しかし、老衰の症状が出始め、寝たきりになり、寝たきりになってからは、あまり喋らなくなり、2012年7月に亡くなりました。

参考:他の人が感じた認知リハビリテーションの効果は...?

認知症が進行していることは確かで、リハビリによって進行が止ま...

(続きを読む)

70代以上男性の家族(この人の治療体験)

パズルやトランプをやって、頭の体操をしているため、いくらか認...

(続きを読む)

70代以上男性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じた認知リハビリテーションの効果をもっと読む

治療期間

入院期間は10年。2012年7月に老衰の為、死亡。94歳

治療に関する費用

一ヶ月でオムツ代や洗濯代を含めて、一人部屋で、平均約12万円。本来なら、もっと費用がかかるのですが、パーキンソン病も見つかったので、難病指定の為、入院の減額が認められ、身体障害者手帳1級に認定されました。

副作用について

副作用は全くありませんでした。

参考:他の人が感じた認知リハビリテーションの副作用は...?

特に副作用はなく、合併症はなかったです。...

(続きを読む)

70代以上男性の家族(この人の治療体験)

副作用も合併症はなかったです。...

(続きを読む)

70代以上男性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じた認知リハビリテーションの副作用をもっと読む

認知症を患っている方へのアドバイス

認知症には、大人しいタイプとうちの祖母のように攻撃型があり、最近では新しいパターンの認知症が見つかっています。
おかしいと思ったら、すぐにかかりつけ医に相談して、専門医を紹介してもらって受診して下さい。
また、閉鎖病棟に入れるとなると、法的手続きをしなければいけません。成年後見人制度で、患者さん本人が勝手に出て行ったり、預金などを勝手に操作する事を防ぐ為で、家庭裁判所で手続きをして、書類を提出しなければいけません。何か問題行動を患者さんがあれば、後見人である家族の方が責任を負わなければなりません。
この他にも法的手続きが必要になる場合がありますが、主治医並びに病院のケアワーカーさんが対応と説明をしてくれます。

参考:認知症を経験した他の人のアドバイスは...?

とにかく、暴れたり怪しい行動を起こしたらすぐにかかりつけ医に...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

服薬治療の場合、合わないと状況が悪化する可能性があります。 ...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

認知症を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年01月25日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

認知症の体験談をもっとさがす

認知リハビリテーションの体験談

治療法ごとに体験談をさがす