あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

リアリティオリエンテーション認知症(アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭葉側頭葉変性症)

概要

自分は誰で、ここはどこかなど、自分と自分のいる環境を正しく理解する練習を重ねます。状況把握などの認知能力を高める効果があります。

適用される患者

軽度から重度まで全段階のアルツハイマー型認知症の方

他の治療法に比べての優位性

初期段階の認知症の方に効果的で進行を遅らせることができます。

留意すべきこと

中程度以上の症状の方への効果は明らかではありません。またこの療法を受けられる病院は限られています。

費用

※現在調査中です。

一般的な所要時間

※現在調査中です

更新日:2015年07月17日

参照元:(認知症疾患治療ガイドライン2010認知症疾患治療ガイドライン作成合同委員会,筑波大学付属病院認知症疾患医療センターhttp://www.s.hosp.tsukuba.ac.jp/dementia/sub6.html(閲覧日:2015年6月19日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

リアリティオリエンテーション治療について、実際に質問してみる