あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

認知リハビリテーション認知症

概要

音読、書き取り、ドリルなどを行なうことで認知機能が高まると期待されています。脳の活性化につながります。

適用される患者

症状を軽減させる場合は初期段階の方、動作能力を回復させる場合には進行後の寝たきり状態の方

他の治療法に比べての優位性

運動することがさまざまな身体的機能の低下を防ぎ、認知症の方自身の身体的負担や心理的負担も少ないため介護者の負担も軽減されます。

留意すべきこと

転倒事故などに対する安全性を確保した上で、緊張感の少ない静かな環境で行いやすい動作からはじめることが必要です。また継続的に行うことも大切であり、会話や音楽、レクリエーションを用いて運動への興味を維持するようにすることも大切です。

費用

※現在調査中です。

一般的な所要時間

※現在調査中です

更新日:2015年07月06日

参照元:(認知症疾患治療ガイドライン2010認知症疾患治療ガイドライン作成合同委員会,筑波大学付属病院認知症疾患医療センターhttp://www.s.hosp.tsukuba.ac.jp/dementia/sub6.html(閲覧日:2015年6月19日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

認知リハビリテーション治療について、実際に質問してみる

アンケートにご協力ください

病気になって、特に「不便」に感じることを教えてください
病気になって、特に「不便」に感じることを教えてください
ありがとうございました

体験談をさがす

認知リハビリテーションの体験談

治療法ごとに体験談をさがす

認知リハビリテーションについてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。