あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

回想法認知症(アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭葉側頭葉変性症)

概要

昔の苦労話や自慢話をしてもらい、またそれを周りが聞くことで認知機能が高まると期待されています。過去に住んでいた場所を訪れる、昔の映画やテレビ番組を改めて鑑賞するなどの方法などもあります。自宅で行う方法と、介護施設や病院などで専門家の指導のもと、グループで行う方法があります。

適用される患者

最近の出来事を思い出すことは苦手であるが、若い頃の思い出など昔のことを思い出すことはできるという認知症の方

他の治療法に比べての優位性

感情を豊かにするなどの内面的な効果と、身近な方との交流など対外面での効果が期待できます。また、心を安定させることで、家族や介護者の負担も軽減されます。

留意すべきこと

病院や施設で回想法を行う場合は、実施している施設が限られていますので注意が必要です。必ずしも通える範囲で見つけられるとは限りませんが、認知症のリハビリを行っている施設で実施していることがあります。

費用

※現在調査中です。

一般的な所要時間

治療時間:1回50分程(1週間に1回程度)

更新日:2015年09月01日

参照元:(認知症疾患治療ガイドライン2010認知症疾患治療ガイドライン作成合同委員会,筑波大学付属病院認知症疾患医療センターhttp://www.s.hosp.tsukuba.ac.jp/dementia/sub6.html(閲覧日:2015年6月19日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

回想法治療について、実際に質問してみる

体験談をさがす

回想法の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

回想法についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。