あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

虫歯(う蝕症)に関する治療を受けた理由

更新日:2017年06月13日

このページでは、虫歯の治療を選択した方々の、その治療法を受けることになった理由についてまとめています。

1-30件目を表示/全205件
  • 根管治療による治療を受けた理由

    可能であれば歯を残してほしいとお願いし、先生からも活かせ歯は残す、と言われて可能な限り歯を残す形での治療となりました。
  • 根管治療による治療を受けた理由

    何度も何度も繰り返ししてもらい日にちはかかりましたが、麻酔をしてもらったので、痛みもありませんでした。体への負担はありませんでした。
  • 抜歯による治療を受けた理由

    虫歯治療が難しいのと、すでにはえることで他の歯を圧迫していることが頭や顔の痛みを発症しているため、抜歯をするのが好ましいということだったので、迷わず抜歯をしました。また、結婚を控えており、今後妊娠する可能性もあるので、少しでも早めに対処しておいた方が良いと思ったので、抜歯しました。
  • 抜歯による治療を受けた理由

    歯の根の周囲に膿が溜まり歯が機能しておらず、この後痛みどころか全身に菌がまわってしまう可能性があった。保存や歯の根元に抗生物質を打つなど他の治療法も提示されたが、効果が出るか不明であったり、こどもも小さく手がかかる時期であったため、症状が長引くのは困ったため手っ取り早い根本治療の抜歯を選んだ。
  • 抜歯による治療を受けた理由

    虫歯にかかった親知らずが大きくて横に生えていたので、歯科用のノミと金槌のような器具で口腔内で割砕き欠片を除去しました。 今までにも親知らずの抜歯はしたことがありましたが、まさかノミと金槌で砕かれるとは思っていなかったので、恐怖感がすごくありました。
  • 抜歯による治療を受けた理由

    抜歯するしかなかったことと、以前も別の親知らずを抜いていたためあまり抵抗がなかった。
  • フッ素による治療を受けた理由

    一番主流な治療法であったからです。痛みも発生しにくい治療法なので、いっぺんに何本もの歯の治療をすることができました。
  • クラウンによる治療を受けた理由

    虫歯だったのでこの治療法しかなかった。奥歯だったので、治療時大きく口をあけているのは大変だったが痛みもなく綺麗に治ってよかった。
  • 根管治療による治療を受けた理由

    歯を削って治療する際に起こる痛みが苦手だったため、治療の一部として希望しました。
  • 抜歯による治療を受けた理由

    抜いてしまった方が今後炎症をおこしたり、虫歯になるリスクがなくなるので。
  • 抜歯による治療を受けた理由

    もともと注射が苦手で歯茎に注射するなんて…!!と割と最初からビビっていたので極め付けが馬鹿でかい注射がでできて終わったと思った瞬間でした。
  • インレーによる治療を受けた理由

    虫歯の程度がまだ良く、深さもそんなにない浅い虫歯でした。なのでインレーだけですみ、特に笑っても詰め物がバレることもないので良かったです。
  • クラウンによる治療を受けた理由

    詳しくはわかりませんが、虫歯が深かったので麻酔をしてからの処置となりました。神経をとると、あとでもろくなったり、抜けてしまう可能性があるということで、ぎりぎりのところまで虫歯を取り除いてもらい、神経はのこしてくださいました。
  • クラウンによる治療を受けた理由

    歯の神経まで虫歯が進行しており、神経を抜きクラウンを被せるしか治療方がありませんでした。
  • 抜歯による治療を受けた理由

    治療に対して恐怖がかなりあったため、うたた寝状態で抜歯してもらえるのが、とてもありがたかったからです。
  • 根管治療による治療を受けた理由

    歯にひびがはいっていたので万が一割れてしまったときは差し歯の土台となる歯の部分が足りなくなってしまう可能性があるので、そうなる前に差し歯にしておいたほうが後で困らないと思うと言われたことに納得できたし、保険の適用はできなくてもセラミックにすれば本当の歯と見分けがつかないくらいきれいに治るようだったので少しお金がかかってもきれいに治したいと思ったので自分の歯を残すことよりも根管治療して差し歯にすることを選びました。
  • ブリッジによる治療を受けた理由

    あまり目立たないようにしたかったので、他人の目につかないような治療法を選びました。
  • 根管治療による治療を受けた理由

    主治医が淡々と進めた結果、この方法でした。
  • 根管治療による治療を受けた理由

    私が治療法を自分で選んだわけではなかったのですが、矯正を始めなければならなかったので少し急いではいました。主流で短時間でできる治療がこの方法だったのだと思います。
  • クラウンによる治療を受けた理由

    他のものよりも治療費が安く歯を全て覆うことでプラスチックでは防げない菌の侵入を防ぎ虫歯になりにくくでき、体に負担が少なかったため。
  • クラウンによる治療を受けた理由

    とにかく治す歯が多かったので、時間をかけず、1日に何本も治療する為に選びました。
  • 根管治療による治療を受けた理由

    今回治療した歯は、以前虫歯になった歯が二次カリエスとなり、再度病気になった歯でした。状態もC3で、削ったらC4の状態でしたから、根が割れているかもしれないから抜歯をすすめられました。抜歯したら、入れ歯か、インプラントしかないと言われてしまいました。自分の歯をどうしても失いたくなかったので、根管治療をしてくれる歯医者を探し、難しいと言われましたが、治療して治していただきました。
  • 抜歯による治療を受けた理由

    抜歯による治療が何よりも痛かったのが印象に残りました。レントゲン撮影で右下の親知らず以外は正常な向きで抜き易かったのに対して、右下の親知らずが横向きで根元がわかりずらく抜く際2時間ほども掛かりました。 麻酔が効いてくる前に歯を分割してから抜くと予告はされていました。麻酔が効いてからはドリルで歯穴を開けて二つに別けるのですが、神経の所を削る時に麻酔がかかっているに関わらずズキズキ痛みました。二人の助手さんにも抑えられたのですが抑えるほうの手にも力が入っており腕は痛い、歯も痛いで散々です。 思いのほか根が深く、なかなか抜けません。抜く際下顎が引っ張られ顎関節が痛みだすし、痛みに耐えるためにも歯も喰いしばれませんから。 再度根を二分にして貰って何とか抜歯し易くして貰い抜歯は終わりましたがそれまで痛みが忘れられません。
  • 抜歯による治療を受けた理由

    乳歯がぐらぐらしていて気持ち悪かったので医師と相談して抜くようにしました
  • フッ素による治療を受けた理由

    幼児は虫歯の進行を止めるのが一番という事で、サホライドを塗る処置とフッ素を塗ることで経過観察となりました。けずったりする必要がなく、親子ともども負担が少なかったです。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • 根管治療による治療を受けた理由

    虫歯が神経まで達し、壊死していたため。根っこから治療したほうがいいと思ったため。
  • 抜歯による治療を受けた理由

    もともと親知らずは早いうちに抜歯をしたいと思っていて、上の親知らずは真っ直ぐ生えていて腫れなどの影響が少ないと聞いていたので、お願いしました。
  • 抜歯による治療を受けた理由

    下の奥歯は大きな病院でないと抜歯が出来ない為、総合病院に一日がかりで行きました。ドリルのようなもので歯を砕いて抜いたので、とても印象に残りました。その方法しかなかったので、他に選択肢がありませんでした。
  • 抜歯による治療を受けた理由

    診察した段階で、抜歯しか選択肢がなかったため、抜歯を選択しました。実際に親知らずの抜歯をした信頼できる友人からの紹介で医者を選んだため、セカンドオピニオンは検討しませんでした。
  • 根管治療による治療を受けた理由

    他に治療法がなかったと思います。先生に相談しても、抜くほどではないとのことだったので治療をお願いしました。

もっと読む