あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

虫歯(う蝕症)を経験した人からのアドバイス

更新日:2017年06月13日

このページでは、虫歯にかかった方々が、この病気やその治療法をこれから実行する方に向けて、気をつけた方が良いことや参考になった情報、病気との向き合い方、今思えば知っておけばよかったことなどといった、病気や治療を受ける際のアドバイスをまとめています。

1-30件目を表示/全205件
  • 根管治療による治療を受けた方からのアドバイス

    歯磨きが下手だったことがわかったときショックでした。なんとなく、自己流で磨いていてキレイにしていたつもりになっていました。予防治療が重要だということもわかり、学ぶことの多い出来事でした。現在も、歯のクリーニングで定期的に予約を入れるようにしています。
  • 根管治療による治療を受けた方からのアドバイス

    少しの違和感を感じたら、早急に歯科に行くべきだと思いました。治療費もかなり安くすみます。軽い状態でしたら、削ったりせず、治療できるようです。
  • 抜歯による治療を受けた方からのアドバイス

    虫歯なんて大したことない、と日々の忙しさから通院を後回しにしていたのも痛みを増す原因になっていたと思います。軽い頭痛や顔痛が出て来はじめてからは痛みが強くなるスピードが早く、原因がわからないまま不安と痛みに耐えなければならない毎日でした。前々から親不知の虫歯進行は言われていたので、早めに治療すればよかったと思っています。
  • 抜歯による治療を受けた方からのアドバイス

    定期的に歯科受診をしているかといって、虫歯や他の異常の発見は医師によるをだと痛感した。おかしいと思ったら納得する治療にであえるまで病院、医師を変えるべき。
  • 抜歯による治療を受けた方からのアドバイス

    たかが親知らず、されど親知らずです。口内の奥で違和感を感じた時点で、すぐに歯科医に行き医師と相談することをお勧めしたいです。放っておいていつの間にか変な方向に生え虫歯になってしまったので、その時の適切な治療を受ける為にも早期受診がおすすめです。
  • 抜歯による治療を受けた方からのアドバイス

    妊娠中や授乳中では安心して使える薬が少ない(お医者さんも、大丈夫だと「思います」という伝え方をされるので…)ので、妊娠期間にかかわらず、常日頃からの口腔ケアが大切だと実感しました。まして生まれてからですと、自由な時間も取りにくくなりますしね。親知らずに関しては、どうしても虫歯になりやすい部分だとおもいますので、ブラッシングに加えて洗口剤も活用しています。
  • フッ素による治療を受けた方からのアドバイス

    定期的な健診が必要だと分かりました。虫歯は必ず痛くなるわけではありません。ですので、健診をして初めて虫歯に気付くことがあります。歯は若いときから綺麗にしておかない大人になってから歯茎から悪くなってしまいます。健診が大事です。
  • クラウンによる治療を受けた方からのアドバイス

    かぶせ物の型どりや、実際にはめて調整してもらう時5000円以上かかることがあったので、予算を多めにとっていたほうがいいです。歯磨きはもともと丁寧にするよう心がけているつもりでしたが、指導してもらって、歯と歯の間や、歯と歯茎の間が磨きづらいことが分かり気を付けるようになりました。フロスの効果的な使い方も教えていただきお口の中をスッキリさせることが出来ます。歯磨き指導時、マイ歯ブラシを持っていかないと病院のものを購入するようになります。
  • 根管治療による治療を受けた方からのアドバイス

    虫歯になってはじめてわかった困りごとは、歯が痛いと美味しく食事が摂れない、好きな飲み物が美味しく飲めないことです。いつも当たり前に食事をしていますが、虫歯になると改めて自分の歯の大切さ、毎日の歯磨きをすることの大切さがわかりました。
  • 抜歯による治療を受けた方からのアドバイス

    「親知らずはなくて困ることはないけど、あるといろんなリスクがあるからね。百害あって一利なしだよ。」と歯科の先生にいわれましたが、ほんとにその通りだなと思いました。 今のところもう歯茎から頭を出していている親知らずはないけれど、もし今後生えてきたら、迷わず抜歯しようと思います。
  • 抜歯による治療を受けた方からのアドバイス

    虫歯の痛みは恐ろしいとゆうこと。虫歯を放置していたらおいしいご飯も美味しく感じれません。歯がなくなると食べたいものも食べれなくなります。そのほかにも歯周病や歯槽膿漏など恐ろしい病気もあります。定期的に自ら歯医者さんへ通われることをお勧めします。
  • インレーによる治療を受けた方からのアドバイス

    虫歯は放置しておくと、ただ削って詰め物してでは治療が足りず、抜歯や差し歯になったり、また治療にも痛みが伴います。なので、痛いと思ったらすぐ歯医者に行くことをおすすします。また、1番いいのは定期的に通うのがいいと思います。
  • クラウンによる治療を受けた方からのアドバイス

    年末年始に忙しくて、歯磨きを怠ってしまったことが積み重なってしまったように思います。 子どもにはきちと磨くように促していたのに、自分のことは大丈夫と自己管理ができていませんでした。 きちんと汚れを落としておくだけで、こんなに精神的にも疲れなくてすんだのにと思えば後悔してしまいます。 神経をとるまでに進んでしまわなくてよかったです。
  • クラウンによる治療を受けた方からのアドバイス

    私のように虫歯が神経にまで達してしまうと治療期間も長くなりますし、費用もかさみます。虫歯は自然治癒する事はありませんので、おかしいな?と思ったらすぐに病院で診察してもらって下さい。また、定期的に検診を行う事も大切だと改めて感じています。
  • 抜歯による治療を受けた方からのアドバイス

    不思議に感じたらすぐにまずは専門医に診てもらう事が一番大事ですね。しばらく様子見をしていいものか悪いものかを判断できるのは医師、そして自分の意思も必要だとわかりました。遠くの病院まで家族に送迎を頼み、大がかりになってしまったので、自己判断禁物ですね。
  • 根管治療による治療を受けた方からのアドバイス

    そんなに歯が痛いわけでもなかったので歯医者を先延ばしにしたことによって神経が死んでしまい膿がたまり、切開までしなければならない大事になってしまいました。ぶつけてしまっただけでひびが入っていたことには自分も気が付いていなかったので、歯医者に行く前に割れてしまっていたら抜歯しなければならなかったと思うとぞっとします。 歯は治療できなくなってからでは遅いので少しでも気になったらすぐに歯医者に行って確かめるのが大事だと改めて感じました。
  • ブリッジによる治療を受けた方からのアドバイス

    歯医者というと、治療が痛い、怖い、などとなにかと恐怖心が付きまとい、足が遠のきがちです。しかしそれは大きな間違いです。怖い怖いとほっとくと、私のように本当にひどくなりまふ。ひどくなるとこれからの通院期間も増え、本当に苦痛です。
  • 根管治療による治療を受けた方からのアドバイス

    歯の神経が突然死するというのは、珍しいことではないという話を主治医から聞き、驚きました。もしそういうことがあるということを知っていれば、痛みを我慢することなくもっと早くに受診することを決めたかもしれません。
  • 根管治療による治療を受けた方からのアドバイス

    麻酔をしないときがないので、治療直後が大変でした。頬と唇が痺れてしまっていたので口を閉じることができず、気付いたらよだれが垂れてしまっていました。食事は治療後麻酔が切れるまでとることはできません。激しい運動もしてはいけないので、しばらく安静にしておいたほうが麻酔もきれやすく、痛みも残りません。
  • クラウンによる治療を受けた方からのアドバイス

    虫歯の治療でプラスチックの方が見栄えも良く安いためいいのかと思っていたが銀歯の方が長い目で見ると安全で虫歯の再発も防げることがわかった。見た目は悪いが今後のことを考えたらいい方法なのだと思う。糸ようじを毎日使うことを推奨され今は毎日糸ようじを使って綺麗にしている。
  • クラウンによる治療を受けた方からのアドバイス

    小学生の頃から、現在に至るまで虫歯を治しても、結局は磨き方に問題があれば、また虫歯になり、治療しなくてはいけません。私自身は磨き方を教わってますが、完璧に虫歯がなかった事はありません。食生活も気をつけながら、磨き方に関しては一度歯医者にいって、しっかり教えてもらったほうがいいです。
  • 根管治療による治療を受けた方からのアドバイス

    歯は、削ると二度と元には戻りません。抜歯と言われて初めて自分の歯を失いたくないと強く思いました。歯医者を数件回りましたが、抜歯と宣告されました。しかし、セカンドオピニオンで良い歯科医院に巡り合えたので、抜歯は免れました。私の経験から、抜歯しなくても自分の歯を使えることがありますから、是非一か所の歯医者で決めず、他で聞いてみてほしいです。
  • 抜歯による治療を受けた方からのアドバイス

    口周りのニキビがよく出来ていたのですが、虫歯があるとなり易いと噂を耳にしました。 虫歯の治療が終わった後は以前に比べて口周りのニキビは少なくなったようにも思います。 それから歯並びに関して先生から聞いた話だと親知らずが出てくる時に以前からある歯を押し出して出てくることもあるそうです。 その時に歯並びが悪くなる方もいるそうなので親知らずが生え始める時、顎から痛みを感じる時はなるべく歯医者に行くようにと言われました。
  • 抜歯による治療を受けた方からのアドバイス

    小学校のときよく虫歯になっていましたが、永久歯になってからはしっかり歯磨きをするようにしました。歯磨きをしっかりするなどは生活においても大切だとおもいますし、余裕があれば糸などをつかって歯の隙間の汚れも取るのもいいと思います。
  • フッ素による治療を受けた方からのアドバイス

    幼児の虫歯は治すことよりも進行を遅らせることが大切であると聞かされ、虫歯を取り除いてあげることができないのが残念でした。虫歯にさせてしまった親の責任もありますので、仕上げ磨きや決まった時間の食事などを気にしなければ根本的な解決にはならないだろうと思います。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • 根管治療による治療を受けた方からのアドバイス

    まず歯が痛いと食べる、寝る、仕事をするなど、何をするにも痛みが伴い、とてもつらいです。家にバファリンがあったので何度か飲みましたが、虫歯の状態がひどくあまり聞きませんでした。また虫歯を気にして他の歯ばかりで噛んでいるとその歯にも痛みが出るようになり大変困りました。とにかく痛みが出たらできる限り早く歯医者さんに行くことをオススメします。
  • 抜歯による治療を受けた方からのアドバイス

    親知らずは抜歯するだけで終わりますが、永久歯の根管治療となると何ヶ月にも渡って通院することになり、会社や私生活にとても影響が及びました。日頃の丁寧なブラッシングだけでなく、食生活にも気をつけて、日々虫歯予防をしていくことが大事だと思いました。
  • 抜歯による治療を受けた方からのアドバイス

    虫歯は、痛みを伴うとは限らないと初めて知りました。虫歯や歯周病を防ぐには、当然毎日の歯磨き等のケアは必要ですが、それ以上に、歯医者へ定期的に受診する事も大切なんだと分かりました。虫歯になりやすい菌が増殖すると、当然虫歯になるリスクが高まります。が、それをきちんと治療していれば、一生自分の歯で生活出来るのだと分かりました。自分はまだ親不知だけが虫歯で済んでいますので、これからはよりいっそう他の歯を大切にしたいと思います。
  • 抜歯による治療を受けた方からのアドバイス

    まず大前提として、日ごろのデンタルケアは本当に大切だと感じました。また、親知らずはデンタルケアにかかわらず、生えてくるときは生えてきますし、その生え方は生えてみなければ分かりません。親知らずが生えてきた場合は、まず生えた段階で診察していただき、問題があるかどうか、しっかりと見ていただくべきだと感じました。早期治療を心がければ、虫歯になる前に抜歯することができるかもしれませんし、医師の指導の元、しっかりとしたデンタルケアができれば、抜かずに済むかもしれません。また、虫歯は他の歯にうつりますので、少しでも異常を感じたら、すぐにでも歯科を受診すべきだと感じました。
  • 根管治療による治療を受けた方からのアドバイス

    このような症状が初めてだったので、最初はとても驚きました。すぐに歯医者さんに行ってよかったです。歯は一生ものだと思います。ですがなかなか歯磨きだけでは届かない汚れもあります。定期的に歯医者さんに通って、クリーニングをしておけばよかったかなと思いました。

もっと読む