あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

インレーと根管治療の比較虫歯(う蝕症)

適用される患者

う蝕の範囲が小さい方

う蝕の範囲が大きい方や進行している方は行うことができない場合があります。

歯髄までう蝕が進行している(症状がC3以上)方や根の部分が病気になった方

う蝕箇所に重症度の高い感染がある方、根が大きく割れて広がっている方は注意が必要です。

他の治療法に比べての優位性

保険適応のものであれば1,000~2,000円と安価であり、小さい虫歯ならこの療法のみで治療が完了することもあります。
ラバーダムというゴム製のシートを用いて治療することで、口の中の環境を清潔に保ち保護することができます。90%の人は1~3回の治療で終わります。

留意すべきこと

保険外のものと比べると、保険適応の金属やレジン(プラスチック製の白い修復用素材)は見た目や耐久性といった点において劣ります。また保障がないため、欠けたり外れたりした場合は再び費用がかかります。
治療後30分程、飲食を控えるようにして下さい。治療後1週間程、熱いものや、冷たいものがしみることがもあります。粘着性の食べ物を食べると、外れる場合があります。

10%程度の人は、神経の治療がうまくいかずに膿がたまったり細菌が顎の骨まで広がったりします。そのような状態になると消毒などに時間がかかるため、5~6回以上の治療が必要になります。

副作用と対策

感染症

鼻の横、目の下辺りに広がる空洞に歯性上顎洞症(=蓄膿症)という炎症をおこし、頭痛や歯の痛みといった症状があらわれます。

抗生物質を投与し、歯茎や歯根の治療を行います。膿がたまりすぎて目の下が腫れるほど重症化した場合は、外科的に穴を開けて中を洗浄します。

感染症

鼻の横、目の下辺りに広がる空洞に歯性上顎洞症(=蓄膿症)という炎症をおこし、頭痛や歯の痛みといった症状があらわれます。

抗生物質を投与し、歯茎や歯根の治療を行います。膿がたまりすぎて目の下が腫れるほど重症化した場合は、外科的に穴を開けて中を洗浄します。

痛み、腫れ

術後痛みや腫れをともなうことがあります。

通常は数日で痛みがやわらぐとされていますが、症状が続く場合は医師に報告しましょう。

一般的な所要時間

治療期間:通院2回程度

治療回数:1~6回
※根管の形状、症状により回数が異なります。

体験談件数

14/全205
40/全205

体験談評価平均

4.4/5.0

疾病平均3.9

4.0/5.0

疾病平均3.9

治療法を比較したら
自分に合う治療法を詳しく知ろう

治療法について、実際に質問してみる

上記以外の虫歯の治療法

参照元:(う蝕治療ガイドライン日本歯科保存学会http://www.hozon.or.jp/member/publication/guideline/(閲覧日:2015年6月10日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

この疾病を監修した医師