あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

根管治療虫歯(う蝕症)

概要

細菌に感染した歯質や神経を除去して消毒し、そこへ薬を詰めて細菌を防ぎます。

他の治療法に比べての優位性

ラバーダムというゴム製のシートを用いて治療することで、口の中の環境を清潔に保ち保護することができます。90%の人は1~3回の治療で終わります。

実際に治療を受けた方が選択した理由

私が治療法を自分で選んだわけではなかったのですが、矯正を始めなければならなかったので少し急いではいました。主流で短時間でできる治療がこの方法だったのだと思います。
今回治療した歯は、以前虫歯になった歯が二次カリエスとなり、再度病気になった歯でした。状態もC3で、削ったらC4の状態でしたから、根が割れているかもしれないから抜歯をすすめられました。抜歯したら、入れ歯か、インプラントしかないと言われてしまいました。自分の歯をどうしても失いたくなかったので、根管治療をしてくれる歯医者を探し、難しいと言われましたが、治療して治していただきました。
他に治療法がなかったと思います。先生に相談しても、抜くほどではないとのことだったので治療をお願いしました。

留意すべきこと

10%程度の人は、神経の治療がうまくいかずに膿がたまったり細菌が顎の骨まで広がったりします。そのような状態になると消毒などに時間がかかるため、5~6回以上の治療が必要になります。

実際に感じた効果

現在治療してからもうすぐ六年がたちますが歯茎も色の変化はなく、差し歯も取れることもなく変わらずきれいなままです。 子育てをしているので何度か歯に衝撃が加わることがありましたが、特に異常は見られません。 前歯なのでどうしても目立ってしまうので最初はよく確認していましたが、今では自分でも差し歯であることを忘れてしまうぐらい馴染んでいます。
死んでしまった神経のかわりに、歯の中は膿で満たされており、最初は治療中臭いが気になるほどでした。数回受診し中の膿を出す治療を受けたところ、マイクロスコープで最終確認をした際にはすっかり中が綺麗になっていました。痛みも取れ、自分の歯を抜くことなく残せて安心しました。しかし、現在はやはり他の歯よりも退色が気になっていますが、違和感などは全くありません。
1回の治療で多くて2本の歯を治しました。合計で10回歯医者に通いました。根元まで虫歯になってしまってる歯もあったので、それは銀歯にしています。虫歯の治療をして10年以上経ちますが、未だに虫歯は再発せず、どの歯もきれいです。

副作用と対策

感染症

鼻の横、目の下辺りに広がる空洞に歯性上顎洞症(=蓄膿症)という炎症をおこし、頭痛や歯の痛みといった症状があらわれます。

抗生物質を投与し、歯茎や歯根の治療を行います。膿がたまりすぎて目の下が腫れるほど重症化した場合は、外科的に穴を開けて中を洗浄します。

痛み、腫れ

術後痛みや腫れをともなうことがあります。

通常は数日で痛みがやわらぐとされていますが、症状が続く場合は医師に報告しましょう。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

とても歯が痛く、飲食どころかしゃべることや口を閉じることが不可能なくらい痛かったです。数日間はマスクを着用し、おかゆやウィダーのみの生活でした。
時折治療中の歯が痛くなることがあって、ロキソニンを処方してもらいました。服用すると痛みは和らぎ持続性も少なかったように思います
治療した日は詰め物がしてあったが、食事の時間のたびに痛みがあった。翌日から痛みがなくなっていき、約一週間は違和感があった

費用

1,500~3,000円

(3割負担の保険適用時)

実際にかかった費用

一度にだいたい2、3千円以上かかり、週一くらいで通った時は、8000円くらいかかりました。
薬は痛みのある時だけ処方されて1度だけだった。その時600円程度(痛み止めと抗生剤)。 今は根っこの消毒で一回1000円前後を1,2週間に一度通っている。 間に1か月抜けているが、7月末から、現在10月まで6回ほど通っているので、トータルで1万円あればおつりが返ってくる程度。
7年もかかり、いろいろな経過を辿ったので、全くわかりません。ただ、個人病院ではレントゲンを撮るたびに3~4000円。治療費も1200円ぐらいかかりましたが、大学病院では一回の治療費が600円ぐらいで、安いときは200円のこともありました。最後に去年作ったマウスピースが5千円だったことは覚えています。

一般的な所要時間

治療回数:1~6回
※根管の形状、症状により回数が異なります。

適用される患者

歯髄までう蝕が進行している(症状がC3以上)方や根の部分が病気になった方

う蝕箇所に重症度の高い感染がある方、根が大きく割れて広がっている方は注意が必要です。

更新日:2015年07月22日

参照元:(う蝕治療ガイドライン日本歯科保存学会http://www.hozon.or.jp/member/publication/guideline/(閲覧日:2015年6月10日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

体験談をさがす

根管治療の体験談

治療法ごとに体験談をさがす