あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

虫歯(う蝕症)

虫歯とは

細菌による感染症の1つで"う蝕症"とも呼ばれています。細菌が糖質からカルシウムを溶かす酸を作り出し、それによって歯が溶けていく(う蝕)病気です。歯を失う最大の原因となっています。

症状と原因

歯の表面が白く濁る、エナメル質が溶けて変色や欠けが見られはじめるなど初期症状の段階では、痛みはあらわれません。う蝕が進みエナメル質の内側にある象牙質まで溶けると、冷たいものや熱いものがしみるといった知覚過敏のような症状があらわれます。

体験談

体験談を見るにあたって

う蝕の進行具合によって治療方法を選択します。

■CO(シーオー):フッ素やシーラントで進行を防ぎ、虫歯を予防します。
■C1:インレークラウンなどの詰め物、被せ物による治療を行います。
■C2:大きさによって差はありますが、基本的にはインレークラウンで対処します。
■C3:根管治療を行い歯根を除去します。またコア(土台)を作った上に被せ物をする必要があります。
■C4:抜歯を行う必要があります。また歯がなくなった部分に入れ歯、ブリッジ、インプラントのような人工の歯を固定する処置を行います。
進行具合によって治療内容が大きく異なるので、早期発見、早期治療が重要です。

更新日:2017年05月23日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす

関連する病気