あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

糖尿病網膜症(糖尿病性網膜症)

糖尿病網膜症とは

網膜は眼の組織の一番奥の、瞳から入った光を映しだすスクリーンの役割を果たしています。糖尿病により、血液中の糖分が高い状態が続いた場合、網膜の細い血管が変形したり詰まったりして出血をおこすことがあり、それにより網膜症をおこすものが糖尿病網膜症とよばれます。初期には自覚できる症状が少ないこともありますが、進行すると血液の十分いかなくなった網膜は映像を映しだすことができなくなり、そのため視力が低下したり失明することがあります。
糖尿病網膜症は糖尿病の合併症の1つとされ、成人の失明原因の第1位となっています。

症状と原因

糖尿病網膜症は糖尿病になってから数十年以上経過して発症することもあるといわれていますが、かなり進行するまで自覚症状がない場合があります。また、自覚症状がない場合でも、眼の中の血管の状態をみると、小さな出血などの異常が少しずつみられる場合もあります。

体験談

体験談を見るにあたって

単純網膜症のような初期段階の場合は、血糖値をコントロールすることで症状が改善されることがあり、治療の基本とされています。
しかし、症状の進行にしたがい、単純網膜症から前増殖網膜症と診断された場合は、局所的または広範囲に網膜にレーザーを照射することで、酸素不足による新生血管の発生を予防するなどの治療を行うことがあります。
また、レーザー治療で良い結果が得られなかった場合や既に網膜症が進行して網膜剥離や硝子体に出血がみられる場合は、硝子体手術を行うことがあります。
また、高血圧のある糖尿病患者の方の場合、アンジオテンシン阻害薬やアンジオテンシンII受容体拮抗薬により網膜症進展の抑制効果として使用されることがあります。

現在糖尿病網膜症の体験談はありません

今まさに病気と闘っている方のために
あなたの体験談をご投稿ください。