治療ノートは、2020年1月30日をもってサービスを終了いたします。ご活用いただきましたみなさま、誠にありがとうございました。

膀胱炎の体験談

急性ということで、早く菌を流さなければならなかったので効き目の早い薬を処方してもらいました。

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:2012年4月

膀胱炎とは

おもに大腸や膣から細菌が侵入し、尿道口、尿道を通って膀胱に感染をおこす細菌感染症の病気です。
通常、排尿の回数は昼間に4~5回、夜に1回ですが、膀胱炎になると1日に10回以上もトイレに行きたくなるような頻尿の状態になります。また、排尿後や終えるときにひどい痛みがおこったり、尿が白く濁ったり、血尿がでたりします。

膀胱炎の症状

満足度

薬の効き目が早く、翌日には尿意も収まり排尿時の痛みも和らぎました。

副作用

治療履歴

病気と症状について

夜、突然排尿時に刺すような痛みがあり、その後頻繁に尿意におそわれ、ほぼトイレにいる状態に。これはおかしいと思い翌日病院へ向かいました。血尿は出ていなかったので、医師からは軽度の急性膀胱炎との診断を受けました。

参考:膀胱炎にかかった他の人の症状は...?

仕事が忙しくて、なかなか水分を取ったりトイレにも頻繁に行けな...

(続きを読む)

トイレに行く回数が異様に増えてしまいました。さっき行ったばか...

(続きを読む)

膀胱炎にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜニューキノロン系抗生剤(3日間投与)(抗生物質)を選んだか

急性ということで、早く菌を流さなければならなかったので効き目の早い薬を処方してもらいました。

参考:他の人がニューキノロン系抗生剤(3日間投与)を選んだ理由は...?

排尿痛がひどかったが薬を飲んで早いうちに効き目があり体への負...

(続きを読む)

費用もやすく、先生の対応もよく、副作用もなかったのでこれにし...

(続きを読む)

他の人がニューキノロン系抗生剤(3日間投与)を選んだ理由をもっと読む

ニューキノロン系抗生剤(3日間投与)とは

おもに大腸菌に有効な薬で、クラビット、バクシダール、シプロキサンなどがあります。強い抗菌力があり、膀胱炎をひきおこしている細菌を死滅させることができる、第一選択薬です。急性膀胱炎の治療においては、3日間投与が基本となります。

「ニューキノロン系抗生剤(3日間投与)」の概要

ニューキノロン系抗生剤(3日間投与)(抗生物質)の効果について

薬を処方され、飲み始めた翌日には排尿時の痛みも和らぎ、3日目には頻繁な尿意もなくなり、痛みもなくなりました。ですが、医師から処方された分は飲みきってくださいとのことでしたので、5日分飲みきりました。

参考:他の人が感じたニューキノロン系抗生剤(3日間投与)の効果は...?

痛みをがまんしていましたががまんできなくなり病院へ行き薬を出...

(続きを読む)

来院して尿検査をしたら膀胱炎だったので、薬投与になりました。...

(続きを読む)

他の人が感じたニューキノロン系抗生剤(3日間投与)の効果をもっと読む

治療期間

5日間

治療に関する費用

診察料、薬代(5日分)あわせて2000円ほど

副作用について

副作用は特にありませんでした。

参考:他の人が感じたニューキノロン系抗生剤(3日間投与)の副作用は...?

副作用はありませんでした。...

(続きを読む)

ありませんでした。...

(続きを読む)

他の人が感じたニューキノロン系抗生剤(3日間投与)の副作用をもっと読む

膀胱炎を患っている方へのアドバイス

膀胱炎の症状が現れたら早めの受診をお勧めします。我慢すると血尿が出てしまったりと悪化してしまいます。また、私の場合は風邪で体調を崩していた際に、そのウイルスが膀胱に移ってしまい発症しました。水分をよく取り、体を温めて、尿意を我慢しない。という日頃の注意も必要です。特に水分をよく取ることと体冷やさないことは医師にも言われたので、日常生活でも注意しています。

参考:膀胱炎を経験した他の人のアドバイスは...?

膀胱炎が疑われるときは、勇気を出して泌尿器科に行かれることを...

(続きを読む)

膀胱炎はトイレに行きたい感じが1日に何回もあるので、だんだん...

(続きを読む)

膀胱炎を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年03月11日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

膀胱炎の体験談をもっとさがす

ニューキノロン系抗生剤(3日間投与)(抗生物質)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす