治療ノートは、2020年1月30日をもってサービスを終了いたします。ご活用いただきましたみなさま、誠にありがとうございました。

膀胱炎の体験談

粒は大き目で飲みにくいが、抗生物質が効果的だと言われました。

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:2010年7月

膀胱炎とは

おもに大腸や膣から細菌が侵入し、尿道口、尿道を通って膀胱に感染をおこす細菌感染症の病気です。
通常、排尿の回数は昼間に4~5回、夜に1回ですが、膀胱炎になると1日に10回以上もトイレに行きたくなるような頻尿の状態になります。また、排尿後や終えるときにひどい痛みがおこったり、尿が白く濁ったり、血尿がでたりします。

膀胱炎の症状

満足度

1番早く治る方法だとお任せして、痛みも日に日に良くなった為。

副作用

治療履歴

2010年7月
クラビット500mg
(ニューキノロン系)

病気と症状について

我慢した覚えはありませんでした。
しかし放尿時に、ちくちくといたくて、出し終わり頃には更にすごくちくちくして、残尿感もあり、親に相談したところ膀胱炎ではないか。と、言われて泌尿器科へ受診しました。

参考:膀胱炎にかかった他の人の症状は...?

ある日、トイレで小をした後に下腹部にやや違和感を感じました。...

(続きを読む)

五歳の娘が幼稚園へ入園してすぐトイレで泣きながらおしっこをし...

(続きを読む)

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

膀胱炎にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜニューキノロン系抗生剤(単回投与)(抗生物質)を選んだか

粒は大き目で飲みにくいが、抗生物質が効果的だと言われました。

参考:他の人がニューキノロン系抗生剤(単回投与)を選んだ理由は...?

初めて病院に行った時には、ニューキノロン系の抗生剤を処方して...

(続きを読む)

ほかの病気も患っていて飲み合わせが問題なかったのでクラビット...

(続きを読む)

他の人がニューキノロン系抗生剤(単回投与)を選んだ理由をもっと読む

ニューキノロン系抗生剤(単回投与)とは

主に大腸菌に有効な薬で、膀胱炎をひきおこしている細菌を死滅させるための薬(抗生物質)です。急性膀胱炎の第一選択薬です。

「ニューキノロン系抗生剤(単回投与)」の概要

ニューキノロン系抗生剤(単回投与)(抗生物質)の効果について

そこまで重症化しないうちに受診したので抗生物質で済みましたがやはり癖にはなります。
毎回、クラビットを投薬してもらい最近では医院にかかることはなくなった気がします。

参考:他の人が感じたニューキノロン系抗生剤(単回投与)の効果は...?

水を沢山飲んでなるべくトイレに行くようにしましたが、3日ほど...

(続きを読む)

クラビット500mgを1日1回で服用していたのですが1日飲ん...

(続きを読む)

他の人が感じたニューキノロン系抗生剤(単回投与)の効果をもっと読む

治療期間

1回あたり一週間程。

治療に関する費用

1回あたりの受診料2000円弱 お薬1000円弱

副作用について

副作用は特にありませんでした。

参考:他の人が感じたニューキノロン系抗生剤(単回投与)の副作用は...?

副作用はありません。...

(続きを読む)

全身が痛くなり、2週間ったった今でも右腕が痺れて居ます。...

(続きを読む)

他の人が感じたニューキノロン系抗生剤(単回投与)の副作用をもっと読む

膀胱炎を患っている方へのアドバイス

やはり、我慢しないこと。
女性は特になりやすいし、一度なると癖になりやすいし、尿は1日に5.6回普通の人は行くので、違和感があればすぐ受診された方がいいかと思います。
副作用がなかったので特にこれといって言える事はありませんが、抗生物質が1番です!
妊娠中になると大変、治療期間が長くかかります。

参考:膀胱炎を経験した他の人のアドバイスは...?

痛みを感じ始める頃はほんの違和感程度なので見逃しがちですが、...

(続きを読む)

診察の時に子供のおしっこが必要で取るのに時間がかかりました。...

(続きを読む)

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

膀胱炎を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2015年12月11日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

膀胱炎の体験談をもっとさがす

ニューキノロン系抗生剤(単回投与)(抗生物質)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす