治療ノートは、2020年1月30日をもってサービスを終了いたします。ご活用いただきましたみなさま、誠にありがとうございました。

膀胱炎の体験談

薬を飲み始めて次の日には普通の状態に戻ったため。

患者との関係:本人患者:30代女性治療時期:2013年10月

膀胱炎とは

おもに大腸や膣から細菌が侵入し、尿道口、尿道を通って膀胱に感染をおこす細菌感染症の病気です。
通常、排尿の回数は昼間に4~5回、夜に1回ですが、膀胱炎になると1日に10回以上もトイレに行きたくなるような頻尿の状態になります。また、排尿後や終えるときにひどい痛みがおこったり、尿が白く濁ったり、血尿がでたりします。

膀胱炎の症状

満足度

薬を飲み始めて次の日には普通の状態に戻ったため。

副作用

治療履歴

クラビットを3日間

病気と症状について

尿意があるのに出ないという感じが続いて、トイレに行く際若干痛みというか違和感があったので病院で診察してもらいました。
症状を受付で話すと、膀胱炎みたいな感じですか?と尋ねられ、自分でも調べてはいたので、近い症状だと伝えて、
診察はしたものの検査は特になかったように記憶しています。

参考:膀胱炎にかかった他の人の症状は...?

冬場にテーマパークに遊びに行っている時に尿意を感じ、トイレに...

(続きを読む)

夕方残尿感が毎回出るようになり、翌日午前中には血尿と排尿時の...

(続きを読む)

膀胱炎にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜニューキノロン系抗生剤(3日間投与)(抗生物質)を選んだか

治療法までは調べていなかったので、特に選択肢がないと思っていたため。

参考:他の人がニューキノロン系抗生剤(3日間投与)を選んだ理由は...?

薬を飲み始めて、次の日には排尿時痛と血尿はなくなっていました...

(続きを読む)

急性ということで、早く菌を流さなければならなかったので効き目...

(続きを読む)

他の人がニューキノロン系抗生剤(3日間投与)を選んだ理由をもっと読む

ニューキノロン系抗生剤(3日間投与)とは

おもに大腸菌に有効な薬で、クラビット、バクシダール、シプロキサンなどがあります。強い抗菌力があり、膀胱炎をひきおこしている細菌を死滅させることができる、第一選択薬です。急性膀胱炎の治療においては、3日間投与が基本となります。

「ニューキノロン系抗生剤(3日間投与)」の概要

治療法を決めるために参考にした情報

病院の冊子。

ニューキノロン系抗生剤(3日間投与)(抗生物質)の効果について

薬を飲んで初日にだんだん尿意を感じなくなり、
次の日には通常通りでしたが出された分は飲もうと薬は最後まで続けました。

参考:他の人が感じたニューキノロン系抗生剤(3日間投与)の効果は...?

薬を飲み始めて、次の日には血尿と排尿時痛がなくなり、薬を飲み...

(続きを読む)

薬を処方され、飲み始めた翌日には排尿時の痛みも和らぎ、3日目...

(続きを読む)

他の人が感じたニューキノロン系抗生剤(3日間投与)の効果をもっと読む

他に検討した治療法

他の治療法は検討していない

治療期間

3日間

治療に関する費用

短期間で治ったので、2000円程度。

副作用について

特になし。

参考:他の人が感じたニューキノロン系抗生剤(3日間投与)の副作用は...?

副作用なし...

(続きを読む)

副作用は特にありませんでした。...

(続きを読む)

他の人が感じたニューキノロン系抗生剤(3日間投与)の副作用をもっと読む

膀胱炎を患っている方へのアドバイス

放っておいて治るようなものではないので、きちんと病院で診察をして治療をするべきだと思います。
ストレスや冷えも原因になるので女性は特に注意が必要です。
わたしはそうではなかったのですが、お薬や治療法を調べて選択するというのも大切だと思います。

参考:膀胱炎を経験した他の人のアドバイスは...?

膀胱炎は、悪化していなければ排尿によって膀胱内の菌を出してし...

(続きを読む)

とにかくすぐに受診してください。 内科しかなかった場合でも...

(続きを読む)

膀胱炎を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2015年09月28日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

膀胱炎の体験談をもっとさがす

ニューキノロン系抗生剤(3日間投与)(抗生物質)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす